京太郎は千里山にいます

姫松の場合

洋榎「お疲れー」

恭子「主将お疲れです。でも遅刻ですよ?」

洋榎「恭子知っとるかー?今日代行おらへんのやで?」

恭子「へ?」

洋榎「ちょうど学校出るん見てな?代行おらんし少し購買行ってなー」

由子「洋榎……」

洋榎「たまにはええやん?まあその分練習は質っちゅーことで…」

雅枝「……ほう?偉くなったもんやなぁ?」

洋榎「……へ?」

京太郎「あー……どうも」

洋榎「京太郎!?」

雅枝「男が先ってどういうことやぁぁぁ?」頭掴む

洋榎「あだだだだだだ!お、オカン!?なんでや!ここ姫松やで!?」

絹恵「お姉ちゃん、一日千里山の監督が来てくれるって先週言ってたで?」

漫「で、千里山の愛宕さんと付き添いで須賀くんが来たんです」

雅枝「あんたは監督の話も聞かんのかぁぁぁ?」

洋榎「あだだだだだだだ!あ、頭離してええええええ!」

雅枝「主将とか大層な肩書きのくせに遅刻して話聞かんとか恥ずかしいでえええええ?」

洋榎「あだだだだだだだ!ちょ、凹む!頭凹むて!!」

雅恵「その凹んだとこに聞いた話やら真面目さやら詰めればええで?ちょっとこっちで説教やな」

洋榎「冗談やろ!?学校でまでオカンの説教!?」

雅枝「今は監督やろがああああ?」

洋榎「あだだだだだだだ!き、絹!京太郎!助けてー!!」

絹恵「これはお姉ちゃんが悪いて」

京太郎「まぁ、監督は優しい人ですから大丈夫ですよ……多分」

洋榎「多分てなんやねん!オカン怒ったら鬼みたいであだだだだだだだ!」

雅枝「ちょっと来い洋榎!あ、ちゃんと指導するから普通に練習続けとってな」

洋榎「せめて!せめて手ぇ離してやああああああ!!」

千里山の場合(別の日です)

郁乃「というわけで、愛宕監督の代わりに来た赤阪郁乃です~。よろしゅうな~」

竜華「よろしくお願いします」

浩子「こないだは従妹がなんかやったみたいで……」

郁乃「ええてええて~。その分説教やったみたいやし~」

京太郎「その後ずっと正座&牌譜眺めたりでまともに打つ練習させてなかったですね」

郁乃「洋榎ちゃんには効くやろね~」

怜「あの愛宕洋榎ならなぁ……」

セーラ「うわ……俺もそんなん耐えられんわ」

郁乃「ん~?」

セーラ「な、なんですか?」

郁乃「江口セーラちゃん、やね?」

セーラ「ちゃ、ちゃん?」

郁乃「……セーラー服着らんの?」

セーラ「えっと、俺は…」

泉「ここにありますよ」

セーラ「泉ぃ!」

浩子「さらにここにはセーラ服を着た時の写真が」

セーラ「なんであるん!?」

郁乃「……へぇ」

京太郎「……赤阪さん?」

郁乃「……うちなぁ、普段そういう洒落っ気の無い子磨いたりとかホンマ好きなんよ?」

浩子「分かります。普段かこれやとなおええですね」

郁乃「やね?」

セーラ「浩子ー?なん言いよるん?ほら練習やでー?」

浩子「……やります?」

郁乃「……やろか」

セーラ「……あー!急用思い出しだわー!!」

郁乃「はいダメー」

泉「い、一瞬で掴んだ!?」

浩子「ではこっちの部屋に」

郁乃「ええねー。あ、戒能プロとかそういう人達呼んだから練習はその人達と実戦形式でなー?」

セーラ「お、俺もそっちがええ!!」

浩子「やったらプロの前で失礼な恰好させるわけにはいきませんね。京太郎くん、メイド服と巫女服どっちが好きですか?」

郁乃「いややねー。そんなん両方着てみせればええやん。チャイナとかどうや?スリット入って背中見えてるやつ」

浩子「いいですね!!」

セーラ「京太郎ー!りゅーかー!怜ー!泉ー!たーすーけー…」

ガチャン

京太郎「……まぁ、服着替えるだけだろう」

イヤヤーソンナンイヤヤー

タダノフクヤカラ。スエハラチャンモキタンヤデ

ヤッタラコッチノフリフリツイタメイドフクガ

ウワー

泉「……着替えるだけ?」

京太郎「……多分」

後で写真もらいました


カンッ!!