京太郎「えーっと頼まれてた買い物はこれで全部ですね?」

智葉「おう。ご苦労さん」

京太郎「切らしてた消耗品と明華さんのカフェオレとハオの中華まんとネリーのお菓子とダヴァンさんのラーメン……代わりにベビー●ターラーメン」

ダヴァン「最後!最後なんデスカ!?」

京太郎「いや、智葉さんが控えさせろって」

ダヴァン「サトハー!!」

智葉「お前……こないだの豚骨の苦情忘れたのか?軽い異臭騒ぎになっただろ?」

明華「アレは酷かったですね……」

ネリー「怪しいくらい安いの買うからだよ」

ハオ「アレは食べ物のにおいじゃないです」

京太郎「というわけでしばらく部室でのラーメンは駄目です。ベ●ースターで我慢してください」

ダヴァン「うぅ……こんな見かけと名前だけのラーメンなんて……日本人こういう見かけだけの物を…すいませんこれ大きいやつありマス?」

ネリー「早!一口しか食べてないよ!?」

ダヴァン「こういうラーメンもあるんですネ……」

ハオ「しみじみと言ってますけどお菓子ポリポリやってるだけでしょう……あ、京太郎。半分こしましょう?」

京太郎「いいんですか?」

ハオ「買ってきてくれましたし……はい、あーんして…」

明華「カフェオレどうぞ」

ハオ「む」

京太郎「あ、ありがとうございます」

明華「大きいタイプですからね。1人より"2人"で飲むべきです……本当はワインがいいんですけどね」

京太郎「日本じゃ未成年は飲めませんからね。前少しだけ飲んだことあるんですけど、ちょっと酔いそうになりましたよ」

明華「酔っぱらった京太郎くん……」

ネリー「おお……なんか怪しい感じ……」

京太郎「怪しいって……」

ネリー「よし!ネリーが買ってくる!」

京太郎「止めろ!お前なら確実にアウトだ!!」

ネリー「えー?」

京太郎「ただでさえちっこいんだから……ああほら、チョコ顔に付いてんぞ。じっとしてろ」

ネリー「んー……有料だよ」

京太郎「顔拭いただけだろ!?」

智葉「そろそろ練習するぞ」

ダヴァン「はい。あ、これの大きいやつ……」

智葉「後にしろ。部室の掃除すらまだ…」

京太郎「あ、やっときました」

智葉「あ?」

京太郎「後、卓の整備と牌譜の整理と、みなさん用のドリンクも冷蔵庫の中です」

智葉「……おう」

京太郎「それじゃ、俺監督に力仕事頼まれたんで行ってきますね」

ネリー「……優秀すぎてお金払いたくなるよ」

ハオ「おまけに顔もよくて」

明華「性格もいい。彼、紳士ですよね」

ダヴァン「後ラーメンもおいしい」

智葉「それはお前だけじゃないのか?」

ダヴァン「いえ、この前作ってもらったものが…」

ネリー「京太郎の手作り!?」

ダヴァン「イエス」

ハオ「羨ましい……」

明華「おのれラーメン……」

ダヴァン「私ラーメン違いマスヨ?」

智葉「なんとなく分かるからいい」

ハオ「……では、またいつものように」

ネリー「トップが京太郎と帰れる、で」

明華「負けませんよ?」

智葉「この前のトップのメグは外れろよ」

ダヴァン「ハーイ。ポリポリしてます」

智葉「それじゃ、始めるぞ」

京太郎がマネージャーになってから、明らかに臨海のレベルが上がったとか


カンッ!!