京太郎「……はぁ」

玄「京太郎くんはどうしたの?」

憧「あたしたちは出なかったけど、京太郎は個人戦出たじゃん?それで1回戦でボロボロにされたのが堪えてるみたいでね」

玄「なるほど……ここはひとつ元気づけてあげないと」

憧「そうねぇ……ちょうど京太郎椅子に座ってるし……抱きしめるとか?」

玄「え、えぇ!?」

憧「京太郎背高いけど今ならちょうどいい高さだし……下向いてて前見てないから不意打ちでいけるかな……」

玄「そ、それはさすがに恥ずかしいんじゃないかな?」

憧「あたしがやるから大丈夫よ。ダメだったら玄に代わってあげるから」

玄「で、でも……」

憧「じゃあ……京太郎?」

京太郎「ん?」

憧「ちょっと…」

玄「きょ、京太郎くん!」ギュッ

京太郎「!?」

憧「く、玄!?」

玄「つらいときは胸に飛び込んでこいとか言うし!わ、私の胸を貸してあげるのです!」

憧「玄!玄!」

玄「男の人抱きしめたの初めてだけど……それでも私の胸で京太郎くんが癒されれば…」

憧「京太郎息できてるの!?」

玄「……え?」

京太郎「……っ!……っ!」

玄「あああああ!!ご、ごめんなさい!!」

京太郎「ぶはっ。はーっ、はーっ……なんて理想的な死に方だったんだ」

玄「そこは同意するけど」

憧「オイ」

玄「あんまり落ち込んじゃ駄目だよ?」

京太郎「玄さん……」

玄「ほら」京太郎の手を取る

京太郎「?」

玄「私の胸貸すから元気だして!」胸に押し付ける

京太郎「!?」

憧「落ち着け!胸貸すって物理的な意味じゃないから!!」

玄「左の胸を触らせたら右の胸をって言葉が…」

憧「無いわよ!」

京太郎「俺……また頑張れる気がしてきました」

憧「揉みながら言うな!!」


カンッ!!