合宿中です

真夜中

京太郎「……ふー、いい湯だ。丸一日の雑用の疲れが癒されるぜ」

ガラッ

京太郎「ん?今の音……こんな時間に俺以外誰が……」

竜華「おー、広いわー。やっぱ一人やとそう感じるんやろか」

京太郎「え?」

竜華「……きゃあああああ!?なんで!?なんでおるん!?」

京太郎「いや、ここってこの時間は混浴……というかなんで竜華さんが!?」

竜華「レギュラーのみんなと入ると胸揉まれたりするから一人入ろ思て……」

京太郎「揉まれる……」

竜華「へ、変な想像せんといて!!」

京太郎「す、すいません……俺、上がるんで!」

竜華「あ……待って!」

京太郎「はい?」

竜華「えっと……一緒に入らん?」



京太郎・竜華(どうしてこうなった……)背中合わせ

竜華(なんであんなこと……でもうちの事情で京太郎くんを上がらせるとかもアレやし……アレ、これってかなり恥ずかしい状況?)

京太郎(なんだこの状況……状況だけみれば最高だけどやっぱ下手なことやったら嫌われるし、何より申し訳ない)

京太郎「や、やっぱり先に上がりますよ」

竜華「そ、そんなこと……京太郎くんは、うちと入るん嫌?」上目づかい&少し赤くなった顔&濡れた髪

京太郎(断れるかああああああ!!……適当に言って向こうから上がるようにしよう)

京太郎「や、でも男女で一緒って……恥ずかしいとか?」

竜華「う、うちは見られて恥ずかしい体とかしとらんよ!」

竜華「ほら!」立ち上がる

京太郎「そ、そういう意味じゃないです!」

京太郎(タオル1枚でも危ない!ぴったり体に張り付いて微妙に透けて……アレ裸よりやばくね!?)

竜華「よく見て…あっ!」ツルッ

京太郎「危ない!!」

バシャーン!!

竜華「うん?転びそうになって……」

京太郎「湯船の中とはいえ危ないですし……なんとか受け止めましたよ」横抱き

竜華「あ、ありがと……あ」タオル無し

京太郎「あー……転んだ拍子に……」胸に手

竜華「……こ、この状態は」

京太郎「ぶっ」鼻血吹く

竜華「ま、まだダメええええええ!!」ビンタ


カンッ!!