爽「ツモ!」

誓子「あー……やられた!」

揺杏「あちゃ~」

爽「というわけで、最下位は由暉子!」

由暉子「……なんか終盤私ばっかり狙ってませんでした?」

爽「気にしない気にしない!さ、罰ゲームに新作の衣装着ようか!」

成香「……最初から着せたかっただけじゃないんですか?」

由暉子「別に、かわいい服着るならいいですけど」



京太郎「すいません、遅れました」

由暉子「遅いですよ」バニー姿

京太郎「……は?」

由暉子「二人しかいませんけど、まぁできることを…」

京太郎「いや待てよオイ!」

由暉子「なんですか?」

京太郎「なんだよその恰好!」

由暉子「先輩たちの手作りオリジナルバニー衣装」

京太郎「やっぱりかよ!」

由暉子「かわいいでしょう?」

京太郎(ちっこいのに胸が大きいというのに、すでにやばい状態だったのに、バニー服だと!?)

京太郎「なんてものを……ありがとうございます!」

由暉子「嬉しいですか?」

京太郎「そりゃな」

由暉子「そうですか……時に、ウサギは寂しいと死んでしまう、ということを知っています?」

京太郎「は?そりゃ知ってるが、ただの迷信じゃ…」

由暉子「寂しいと死んでしまうんです」

京太郎「いやだから…」

由暉子「……罰ゲームで、一人でこれを着て京太郎くんの反応を見る、ということでした」

京太郎「罰ゲームってな…」

由暉子「……一人で、寂しかったです」

京太郎(表情変えないから分からなかったけど……)

京太郎「……遅れて寂しい思いさせたみたいだな。悪かった」

由暉子「……許さないです」

京太郎「おい…」

由暉子「だから……しばらくこうしててください」正面から抱き着く

京太郎「……分かった」

由暉子「ふふっ……」

京太郎(理性もつかな……)


カンッ!!

おまけ

爽「よーし、うまくいってるみたいだね」

誓子「また回りくどいことを……」

成香「でも、二人いい感じです」

揺杏「もどかしかったし、いいんじゃない?」

爽「うん、一件落着!……じゃあ次はさらに大胆な衣装を…」

誓子「それ、爽の趣味じゃない?」


カンッ!!