竜華「京太郎くーん、遊びに来たでー」

竜華「っていないやん。せっかく1人で来たのに……ん?」

京太郎の制服

竜華「全く、どこ行ったか知らんけど、脱ぎっぱなしはあかんよ」

竜華「ちゃーんとせんと…」制服持つ

竜華「京太郎くんの制服か……」

竜華「……ちょっとだけやで」スゥ

竜華「京太郎くんのにおい……」

竜華「……ん」スンスン

ガラッ

京太郎「ふー、いい湯だった……部長?」

竜華「あ……」

京太郎「それ……俺の制服?」

竜華「……えいっ!」抱き着く

京太郎「うおっ!?」倒れる

京太郎「……え?なんで俺、押し倒されてるんですか?」

竜華「その……出来心で?」

京太郎「で、出来心って……」

京太郎(つーかなんか抱き着かれてるし浴衣越しのおもちがあたっていろいろやばい!)

竜華「そ、そのな?」

京太郎「は、はい!」

竜華「なんか……京太郎くんのにおいが安心するっちゅーか……あ、いやにおいって言っても京太郎くんがのにおうとかやなくて……いやいい匂いやけど……ああもう何ゆうてるんや!」

京太郎「よく分かりませんけどとりあえず落ち着きましょうか。はい深呼吸、吸ってー」

竜華「すー……京太郎くんのにおい……」

京太郎(やっべ逆効果っぽい!?)

竜華「……ねぇ、うちのこと、嫌い?」

京太郎「そ、そんなことないです!」

竜華「……ねぇ、好きにしてええって言ったら、どうする?」

京太郎「!?」

竜華「うち…」

ガラッ

雅枝「須賀、頼むんどったビデオ……」

京太郎・竜華「……あ」


怜「……なー、なんで竜華と京太郎は正座しとるん?起きた時からずっとしとるけど」

京太郎「……まあ、俺も共犯というか、主犯というか」

竜華「……ごめんな、うちのせいやから」

怜「?」


カンッ!!



おまけ

竜華「……京太郎くん?」

京太郎「はい、なんですか?」

竜華「昨夜のこと……冗談やないからね?」

京太郎「……え?」


カンッ?