竜華「もー……ミーティングやからって、なんでうちに集まるん?」

セーラ「そら竜華んとこが一番近かったからやろー」

竜華「レギュラーだけやなくて京太郎くんまで……」

京太郎「えっと……邪魔だったら帰りますけど」

怜「ええねんええねん。ゆっくりくつろいでや」

泉「なんで園城寺先輩が言うんですか……」

浩子「……部長、ホンマ京太郎だけ帰らしてええんですか?」

竜華「別に嫌ってわけやない……ただ二人っきりがええし……部屋の片づけとか……」

京太郎「はい?」

竜華「とにかくゆっくりしてってや。飲み物でも持ってくるわ」

バタン

セーラ「よーし、なんかおもろいもんないか探すでー」

京太郎「いきなり何言い出すんですか!?」

浩子「まぁまぁ。なんかあったら京太郎のせいってことで」

京太郎「酷っ!!」

怜「京太郎、竜華の下着とかそこにあるんやで?」

京太郎「……いやダメでしょう!?」

泉「今の間はなんなん……」

セーラ「お、なんかあったでー」

京太郎「早っ!……段ボール箱?」

泉「通販かなんかの箱やね……『パソコン部品』?」

京太郎「竜華さん、パソコンとかよく使う方だったかな」

怜「……いや、これはちゃうかもしれんで」

京太郎「え?」

怜「これはカモフラージュかもしれんわ。ほら、配達する人や家族にばれないようにな?」

浩子「確かに……清水谷部長がそんな細かい部品注文すると思えませんし……そもそも『パソコン部品』なんて書き方、パソコンやってる人間はやりませんよ」

泉「そやったら、これはなんですか?」

セーラ「そりゃー……あんまり人に見られたくないもの?」

浩子「かつ、『パソコン部品』って書くなら何か機械とか……この箱のサイズやったらあんまり大きくない……」

京太郎「……つ、つまり」

京太郎(何かエロいやつ!?)

怜「……きょーたろー?箱の中身何想像したんか予想つくから、鼻血はふいとき」

京太郎「お、俺はそんなこと考えてませんよ!?あの竜華さんがそんな……ぶっ」

泉「さ、さらに鼻血が激しく!?」

セーラ「さすが竜華やな……こんな大胆な……」

浩子「ま、まだ決まった訳やないですよ?こう、もっと小さいやつが複数入ってるとか…」

京太郎「複数……」

泉「はいティッシュ」

セーラ「案外大きくて名前が長いやつとかやないん?名前書くん面倒やったとか」

京太郎「大きい……」

怜「京太郎京太郎、血が足りなくなりそうやで?」

ガチャ

竜華「いやー、遅くなったわー。ジュースで良かった?」

泉「あ、部長」

京太郎「竜華さん……ぶはっ!」

竜華「京太郎くん!?どないしたんいきなり鼻血吹いて!」

京太郎「くっ……こんな家庭的な人が……うっ、血が…」

竜華「し、しっかりしてーな!何があったん!?」

京太郎「俺……最後におもちが揉みたかった……」

竜華「京太郎くん!?京太郎くーん!?」

セーラ「……竜華って、結構大胆やったんやな」

怜「長い付き合いやけど……これは予想外やったね」

浩子「やっぱ胸が大きいからでしょうか……」

泉「部長って、大人やったんですね」

竜華に対する誤解が解けたのは、しばらく後だったとか


カンッ!!


怜「そーいや、結局なんやったん?」

竜華「え?ただのプリンターやけど?」

セーラ「なんや、おもんない」

竜華(こっそり撮った京太郎くんの写真印刷するためやけどね)