京太郎「花火大会だからウチに来い、って言われた時は何かと思いましたけど」

咏「うん」

京太郎「まさか咏さんのマンションから花火大会の会場がここまで綺麗に見えるとは」

咏「ふははー。こっからの景色が気に入って決めたんだぜぃ」

咏「毎年この時期は知り合いのプロとか呼んで見てたねー」

京太郎「へぇ……じゃあ今年も誰かくるんですか?」

咏「いんや、京太郎だけだよ?2人っきりで見たいしね」

京太郎「咏さん……」

咏「お、始まる始まる」

京太郎「おー……すげー……」

咏「うーん、今年も綺麗だねぃ。お、キャラものとかすげーな!」

京太郎「あー、アレってすげー難しいらしいですね」

咏「うわ、でけー!!去年とか比べ物になんねー!!」

京太郎「ほんと……綺麗ですね」

咏「こういう時って、『綺麗だね?』『君の方が綺麗だよ?』みたいに言う流れじゃね?」

京太郎「うーん……それもちょっと考えたんですけど、無いですね」

京太郎「だって咏さん、綺麗っていうより可愛い方ですから」

咏「か、可愛いって……おいおい、仮にも年上に可愛いはないんじゃねーの?」

京太郎「さっき花火で俺よりはしゃいでたのすごい可愛かったですよ?」

咏「……分っかんねー。そんなことやったっけー?」

京太郎「そうやって真っ赤になって誤魔化すのも可愛いですし……昨日の夜とか、あんなに可愛かったじゃないですか」

咏「!?」

京太郎「いやー、肌蹴た着物で隠そうとしながら…」

咏「ストップストップ!!それ以上は駄目だかんね!!」

京太郎「仕方ないですねー。じゃ、もう言いませんから…」

咏「……なんだい?」

京太郎「また可愛い咏さん、見せてもらえます?」

咏「……駄目だっつっても聞かないじゃん?」

咏「あ、こら!まだ返事してねって……ちょ、脱がすな……帯取ったら……ぁ」


カンッ!!