揺杏「……暑」

揺杏(まさか昼間の東京がここまで暑いなんて……ユキの衣装のためとはいえ、今外に出たのは失敗だったね)

揺杏(でもこれでまた新しく作れる……こっちのサイズ違うのどうしよっかな……しんどいけど)フラッ

揺杏(あ……やば……)ガシッ

揺杏「……え?」

京太郎「っと、大丈夫ですか?」



京太郎「はい、ゆっくり飲んでください」

揺杏「ん……っはぁ、行きかえる気分だよ。ありがとう」

京太郎「いえいえ」

揺杏「東京の暑さ舐めてたよ。北海道と比べ物にならないね」

京太郎「へぇ、北海道から来たんですか?」

揺杏「そ。こっちで大会に出ることがあってね」

京太郎「俺もですよ?といっても出るのは女子で、俺は雑用ですけど」

揺杏「へぇ。そうだ、お礼にこれを」

京太郎「紙袋?中身は……」

揺杏「女子がいるならその女子の前で開けてくれ。それとこれが私の連絡先」

京太郎「はぁ。あ、俺のはこれです」

揺杏「ん。是非感想を聞かせてくれ。こっちからもまた連絡する」

京太郎「分かりました。それじゃ、俺はこれで」

揺杏「あぁ。助かった、ありがとう」



咲「あ、京ちゃんおかえり。どうしたの、その紙袋」

優希「何か買ってきたのか?」

京太郎「ちょっと貰ったんだよ。女子の前で開けてくれって言われたんだ。開けるぞ?」

和「女子の前で?……こ、これは」

フリフリかつ露出度高めの服

咲「……コスプレ?」

優希「お前、どこでこれ……」

京太郎「買った訳じゃねーよ!」

和「……可愛い」

京太郎「……え?」



爽「新しい衣装作り?」

揺杏「……今度は男子用をね」


数日後、和は新しい服を着ていったことが話題となった

京太郎の元には、真新しい衣装が届いたとか


カンッ!!