由暉子「これはどうですか?」ナース服

憩「おおっ、似合ってるねーぇ」

郁乃「ホンマやね~」

京太郎「あの……なんで俺も?」

郁乃「うん?嫌やった?」

京太郎「眼福です!」

憩「まぁ、コスプレさせる側としても見る人がおらんとつまらんし」

由暉子「そうですよ。むしろもっと見てください」

由暉子(好みが分かりますし)

京太郎「まぁ、本人がいいっていうならいいけど」

由暉子「では次は……郁乃さんのお勧めの奴ですね」

郁乃「いえ~い」

京太郎「な、何勧めたんですか?」

由暉子「ただのネグリジェ姿です」

京太郎「下着見えてるじゃねーか!」

由暉子「それが何か?」

憩「まぁまぁ。じゃ、次はうちのお勧めいってみよか」

京太郎「全く……まともなやつですよね?」

憩「大丈夫大丈夫」

由暉子「ただのメイド服ですよ」露出度の高め

京太郎「さっきより危ねーよ!!」

由暉子「どう危ないんですか?」

京太郎「あのな、露出度が高すぎるしな…」

由暉子「気にしませんよ?……ご主人様?」

京太郎「っ!?」

由暉子「なんなりと命令してください?」

京太郎「俺は別に……」

由暉子「……断りませんよ?」

京太郎「…………帰る!!」

由暉子「……理性強いですねー」

憩「ふむ……次はうちがそれ着よかな」

郁乃「じゃ、うちは末原ちゃんに着せるわ~」

由暉子(残念ですけど……2人きりの時は逃がしませんからね?)


カンッ!!