細かい設定?気にしたら負けです

京太郎「どうもこんにちわ。準決勝Aブロックの学校の水着撮影をやることになりました、須賀京太郎です」

淡「誰に言ってんのー?」

京太郎「誰でもいいだろ。というかお前控え室じゃないのか?」

淡「いいじゃんいいじゃん」

京太郎「ま、邪魔しなきゃいいか……はぁ」

淡「どしたの?水着だよ?キョータロー好きそうじゃん。嬉しくないの?」

京太郎「……おもち(永水)が足りない」

淡「……とうっ!」蹴り

京太郎「いてっ!なにするんだよ!!」

淡「いいから早く行く!……私だって水着準備してるんだし……」

京太郎「なんだって?」

淡「なんでもない!」

京太郎「……まぁ、行くか」



京太郎「さて、まずは阿知賀か」

穏乃「お、来た来た。ってなんで大星さんも?」

淡「んー……付き添い?」

京太郎「気にしなくていいさ。それよか全員いるんだよな?」

憧「いるっちゃいるけど……宥姉がね」

玄「ほらお姉ちゃん!はやく脱ごう!」

宥「で、でも寒いし……上に羽織るくらい……」

玄「それじゃ駄目だよ!」

憧「あんな調子でね」

灼「宥さんだし……もうこのまま撮影しても…」

京太郎・玄「それは駄目だ!!(です!!)」

京太郎「上を羽織って水着撮影?そんなもの水着の意味がない!」

玄「そうだよ!それにそんなことしたらせっかくのおもちが隠れちゃう!!」

穏乃「別にいいじゃん」

京太郎・玄「それを隠すなんてとんでもない!!」

京太郎「……やはり意見が合いますね」

玄「同じおもち好きとして、当然のことだよ?」

京太郎「玄さんっ!」

玄「京太郎くんっ!」

淡「いいから撮影やろーよー。早くしないと時間なくなるよー」

京太郎「仕方ない……せめて、せめて前は開けてください」

憧「……泣きながら言うこと?」

玄「うぅぅ……」

憧「って本気で泣いてる!?」

阿知賀、普通に撮りました


京太郎「さて、次は千里山だ」

淡「あんまり胸大きい人いないよね?大将の人は大きかったけど」

京太郎「だから竜華さん中心だな」

セーラ「お、来たな」

泉「……大星?」

淡「気にしないでー」

浩子「こっちは準備できてるで?」

怜「しんどいからはよなー」

竜華「また怜は……」

怜「竜華みたいに大きくないからなー」

竜華「ひゃあっ!?い、いきなり胸触らんで!!」

京太郎「……ありがとうございます」

怜「ふっ」親指立てる

淡「……じー」

セーラ「……なんや?」

淡「水着地味なのだけど、もっと可愛いのでもいけるんじゃない?」

セーラ「な!?お前、何を…」

浩子「やっぱそう思うやろ!?」

セーラ「ひ、浩子?」

浩子「いやぁ、水着撮影と聞いて是非着てもらいたい水着がありましてね?」

セーラ「お、俺急用があったわ!!」ダッシュ

浩子「泉ぃ!捕まえるで!!」ダッシュ

泉「了解です!!」ダッシュ

京太郎「……元気な人達だ」

淡「いいの?どうもあのセーラって人が何かされそうだけど」

竜華「大丈夫やって」

怜「たまには女の子な格好のセーラも見たいしなー」

セーラ「や、やめろー!!俺はそんなん着ない!!」

浩子「そうかー。やったらこっちやな」

泉「うわ、これはまた……」

セーラ「嫌やー!!」

京太郎「……問題ないな」

淡「……ごしゅーしょーさま」

千里山、セーラ(ビキニ)中心に撮りました

浩子「後で写真送ってな」

怜「ウチもウチもー」

セーラ「もうやめて……」


京太郎「さて……新道寺か」

淡「分かりやすくテンション下がったね」

京太郎「おもち担当いないんだぞ?」

淡「私に言わないでくれる?そろそろ怒るよ?」

京太郎「なんでお前が怒るんだよ」

煌「おや、来ましたか」

京太郎「花田さん。どうも」

美子「もうみんな揃っとるよ?」

仁美「はよ撮ろうか」

淡「アレ?そこにいるの部長さんだよね?」

姫子「そうよ?」

淡「なんで上下しっかり着こんでるの?」

哩「…………」

仁美「あー……」

美子「うーん……」

姫子「……ちょっとな」

京太郎「?水着撮影ってことですから、せめて羽織る程度じゃないと……」

哩「……一応水着は着とる」

京太郎「だったらなぜ?」

姫子「その……跡が」

淡「跡?日焼け?」

哩「……縄と鎖」

淡「…………」

京太郎「…………」

煌「で、では、私が部長の前に立ちますから!!」

姫子「じゃ、じゃあ私が隣おるけんね?」

京太郎「あぁ……はい」

新道寺、哩さんの顔以外が見えないように撮りました

淡「……いろんな趣味の人がいるんだね」

京太郎「真似すんなよ?」


京太郎「最後に白糸台だな」

淡「たかみーと菫先輩は大きいよ!」

京太郎「なるほど……よし、やる気でてきた」

淡「……もっと私も撮ってほしいのに」

京太郎「心配するな、お前もちゃんと撮る。その前に白糸台全員を…」

照「…………どいて」ギュルルルルルルル

菫「待て。落ち着くんだ照」

尭深「その……お茶、どうですか?」カタカタ

誠子「いや、だから私を盾にして言うのは止めてくれない!?」

京太郎「……どういう状況だ?」

淡「ど、どうしたのテルー」

照「……菫と尭深が」

淡「2人が何かやったの?」

照「……胸なんて、あっても弓引いたりお茶淹れたりする時邪魔なだけっていうからっ」ギュルルルルルルル

菫「落ち着け。その……そういうつもりじゃなかったんだ」

照「……邪魔ならもいであげようか?」ギュルルルルルルル

淡「落ち着いてテルー!」

照「淡だって……私より……ある?」

淡「え?あー……」

照「淡と亦野は味方だと思ってたのに……」ギュルルルルルルル

京太郎「落ち着きましょう、照さん」

照「京ちゃん、でも」

京太郎「それにですね?淡のアレはパッド入れてます」

照「!?」

淡「な、なんで知ってんの!?」

京太郎「いやだってこの前見た時…」

淡「そ、それ以上言わないで!!だってその……」

京太郎「なんだよ。俺の気持ちは淡の胸が小さくても変わらないぞ?」

淡「今言うなー!!」

照「…………菫と尭深の胸以上に敗北感が」

菫「淡……いつの間に」

尭深「それより、一体どこまで……」

誠子「……ところで撮影は?」

白糸台、なんとか撮れました


カンッ!!