合宿中です


塞「…………」



白望「ダル……京太郎、お風呂入って体洗って」

京太郎「やりませんよ!というか駄目でしょう!?」

白望「京太郎なら、見せられていい……」

京太郎「脱ぎ出さないでください!!」



豊音「ねーねー、京太郎くんのとこに大き目の浴衣ないー?私の小さいんだよー」

京太郎「あ、ありますから!その格好で出歩かないで下さい!その……かなりきわどいというか……」

豊音「結構きついんだよねー。ちょっと前緩めようかなー」

京太郎「ちょ、それ以上はこぼれますって!!」



エイスリン「ン……」

京太郎「な、なんでいきなり服脱いでるんですか!?しかも俺の部屋で!!」

エイスリン「ハダカジャナイト、ネムレナイカラ?」

京太郎「嘘でしょう!初めて聞きましたよ!!」

エイスリン「キョウタロ、ワタシノハダカ、ミタクナイ?」

京太郎「ぐはっ……とにかく駄目です!せめて自分の部屋で!!」



胡桃「……京太郎ー」抱きつく

京太郎「あ、胡桃先輩。もう消灯時間ですよ?部屋まで送りますから早く寝ましょう」

胡桃「……えいっ!」

京太郎「あたっ!なんで叩くんですか!?」

塞(まずい……みんなこの合宿で本気で京太郎を落とそうとしてる)

塞(このままじゃ、負ける……私もなんとかしなくちゃいけないのは分かってるんだけど……どうすれば)

塞「アレ?こんなの鞄に入れたかな……待てよ、これを使えば……」


翌朝


塞「……京太郎、起きて……ねえ、京太郎!」

京太郎「ん……なんですか塞さ、ん……」

塞「……お、おはよう」裸エプロン

京太郎「な、なんて格好を……」

塞「あ、朝ごはんの前に、私とか、どう?」

京太郎「ま、待って。え、夢?」

塞「……えいっ!」手、胸に押しつけ

京太郎「!?」

塞「こ、この感触は夢じゃないよ?」

京太郎「あ……え、ええと」

塞「胸は私よりシロの方が大きいと思うけど、腰とかお尻負けてないよ?」

京太郎「さ、塞さん……」

塞「ね?……好きにしていいよ?」

ガラッ

豊音「朝だよー…!?」

白望「ダル…!?」

胡桃「早く起き…!?」

エイスリン「オハヨ…!?」

京太郎「あ、皆さん……これは、その」

塞「……えいっ!!」京太郎頭抱きつき

京太郎「ぶっ!?」顔、胸に押しつけられる

塞「わ、私は皆に負けないからね!!」

豊音「わわわ、私も同じ格好を…」

白望「……ちょっと本気で誘惑する」

胡桃「むむむ……私もあれくらいやるしか……」

エイスリン「ワタシ、ハダカニクツシタヤル!!」

宮守の京太郎争奪戦はまだまだ続く


カンッ!!