怜「竜華」

京太郎「竜華さん」

竜華「どないしたん2人とも」

怜「膝枕や」

竜華「ええけど……京太郎にはやらんよ?」

怜「そうやない。ウチらな?普段竜華に世話になっとるから、お礼がしたいねん」

竜華「お礼て……そんなんええよー」

京太郎「いや、俺達の普段の竜華さんに対する感謝もこめて言っているんです。ぜひ、させてください」

竜華「……そこまで言うならええけど、何するん?」

怜「やから最初に言うたやん。膝枕や、って」

竜華「ああ、なるほど」

京太郎「はい。話し合った結果、俺と怜さんで竜華さんに膝枕を、ってことになりました」

怜「普段やってもらっとることやし、分かりやすいやろ」

竜華「ええな。膝枕してもらうのもよさそうや」

怜「ほな、決まりや。どっちにする?」

竜華「どっち?」

京太郎「さすがに2人同時に膝枕はできませんから、俺か、怜さんか、どっちの膝枕がいいですか?」

竜華「えぇ?そんな選ぶなんて……」

怜「ウチ、普段してもらってる分してあげたいなー」

竜華「怜……うちは…」

京太郎「……そうですか、やっぱり怜さんですよね……付き合いが1年もない俺じゃ、駄目ですよね」

竜華「そ、そんなことないで?京太郎も…」

怜「りゅーか……ウチいらないん?」

竜華「あああああ、違う!違うんや怜!ただな…」

京太郎「そうですよね……竜華さんにとって俺なんて……」

竜華「京太郎!うちは京太郎のことそんなふうに思ってないで!!」

怜「やっぱ、友達より男……」

竜華「怜ぃぃぃ!!」

怜・京太郎(計画通り)ニヤリ



泉「……何やってるんですか、アレ」

浩子「また2人で清水谷部長おちょくってるんやろ」

セーラ「俺、最終的に怜を選ぶと思うわ」

浩子「ほな私は京太郎で。勝ったらなんか奢ってくださいね」

泉「えっと……どっちも選べないで」

結局からかいすぎて怒られました


カンッ!!