照「……ん?」

京太郎「あ、おはようございます」

照「……初めてだったのに、優しくって言ったのに」

京太郎「……すいませんでした」

照「……とりあえず、おはようのキス」

京太郎「はい……ん」

照「ん……」

京太郎「朝食どうします?」

照「もうちょっと、京ちゃんとこうしていたい」

京太郎「了解しました、お姫様」

照「ふふっ……ね、ぎゅってして?」

京太郎「はい」

照「……安心するね」

京太郎「照さんは、あったかいですね」

照「ん?……これ、引っかき傷?」

京太郎「あー……その、照さんが」

照「……優しくしなかった京ちゃんが悪い」

京太郎「いやいや、俺は力抜いて下さいって言ったのに…何する気ですか?」

照「……舐めて治そうかと」

京太郎「ちょっと痕があるだけで平気ですよ」

照「じゃあ……」

京太郎「んっ……キスマーク?」

照「私のってしるし」

京太郎「勝手に付けて……俺も付けますよ?」

照「いいよ。ちょうどグラビア撮影あるから、見えるようにして」

京太郎「……普通のキスで」

照「付けていいのに……ん」


カンッ!!