優希「……京太郎」

京太郎「なんだ?」

優希「またタコスの腕を上げたな」

京太郎「ほとんど毎日作ってりゃそりゃ嫌でも上がるわ。つーか多少は控えろ」

優希「わ、私に死ねというのか!?」

京太郎「お前ほんっと何でできてるんだよ」

優希「体はタコスでできている……血潮はタコスで心はタコス……」

京太郎「結局タコスじゃねーか!」

優希「まぁ冗談だじぇ」

京太郎「当たり前だ」

優希「でも本当に京太郎のタコス旨いじょ?ちょっと店で売っててもおかしくないレベルだじぇ」

京太郎「そうか?だったら将来仕事なかったらタコス屋でも開くか」

優希「おう!通いつめてやるじぇ!」

翌日

京太郎「という訳でタコスを売ることになった」

優希「朝起きたら見慣れない移動販売の店があって、京太郎が中にいる時点で驚いたじぇ……」

和「いや、実際何があったんですか」

京太郎「いや、龍門渕のハギヨシさんから頼まれてな?」

京太郎「龍門渕グループでインターハイに売店を出すことになって、その手伝いをしてくれって」

和「いきなりすぎですよ」

京太郎「ハギヨシさんが一晩でやってくれました」

和「あの人何者ですか?」

京太郎「部長にも話は通してあるぞ?もう個人戦だけだから後は大丈夫だって」

優希「ふーん。何があるんだ?」

京太郎「買ってくか?手作りタコス300円」

優希「じゃあひとつ!」

京太郎「毎度あり!」

久「さて、個人戦に関してはこれくらいね」

まこ「ま、2人が普段通り打てば大丈夫じゃろ」

和「はい」

咲「が、頑張ります」

久「じゃ、お昼にしましょうか」

まこ「なんだ?決まっているんか?」

久「もちろん、須賀くんの冷やかしよ」

優希「ああ、いい味だったじぇ!」

咲「そういえば……お手伝いでしたっけ」

久「そうよー。この辺りは他のお店もあるし、暇してるでしょ。みんなで行きましょう」



洋榎「すんませーん、タコス6個!」

塞「こ、こっちも6個お願いしまーす!」

穏乃「こっちは8個ー!!」

憧「アンタいくつ食べる気よ!」

淡「じゃあ100個ー!!」

菫「やめろ馬鹿」

ダヴァン「すいませんラーメン…」

智葉「ねーよ!」

成香「あの、えっとすいません……あ、ちょっと押さないで…」

爽「な、成香ー!人に埋まるなー!!」

久「…………何これ」

まこ「無茶苦茶混んでるの」

ハギヨシ「押さないでください!はい、6個。こっちも6個、はい8個」

咲「……あの人分身してない?」

和「……残像?」

優希「……これ、買えるのか?」

買えませんでした。

その後、インターハイ史上最大の売上を上げたタコスという噂があったとか


カンッ!!