怜「……なぁ竜華」

竜華「どしたん?」

怜「竜華の膝枕は千里山で1番や」

竜華「そ、そうなん」

怜「で、ウチは思ったんや。竜華以上の膝枕があるんか、って」

竜華「うちより?そら、あるんちゃう?」

怜「そやな……ウチはそれを探してくる」

竜華「は?ちょ、待って怜。どこ行くん怜ー!!」



怜「という訳で鹿児島に来たんや」

京太郎「……俺、遠征って聞いたんですけど」

怜「てへっ」

京太郎「可愛く誤魔化そうとしない!というかそんな理由で鹿児島まで!?」

怜「せや。ウチは最高の膝枕を探す!」

京太郎「…………帰っていいですか?」

怜「ええけど今回の目的は永水の巫女さんやで?」

京太郎「是非行きましょう!」

怜「すいませーん」

霞「あら?確か千里山の…」

怜「膝枕してください」

霞「はい?」

京太郎「いきなり何言ってるんですか怜さん」

怜「いや、自分に正直にやな…」

京太郎「いきなり正直になったっておもちっ!?」

霞「!?」

京太郎「はっ!?すいません、つい…」

怜「京太郎が言えることやないやん」

霞「……とりあえず膝枕すればいいんですよね?」

怜「ええんですか!?」

霞「よくわからないけど……そっちの彼は駄目ですけど」

怜「構いません、お願いします!」

霞「それじゃ……どうぞ」

怜「では……おぉ……」

京太郎「どうですか?」

怜「……ええわ……それなりにむっちりしてて、硬すぎず、柔らかすぎもしない」

怜「なかなかええ膝を……」

京太郎「?」

怜「……ありがとうございました」

霞「もういいんですか?」

怜「はい。ウチらはこの辺りで。行くで」

京太郎「ちょ、引っ張らないでくださいよ!」

霞「?」



京太郎「いきなりどうしたんですか?あんなに良さそうだったのに、急にやめるなんて」

怜「膝は良かったんや……せやけど」

京太郎「?」

怜「……おもちが大きすぎる!あんなん見ながら落ち着けるかー!!」

京太郎「ああ……なるほど」

怜「下手したら顔に当たるわ!ウチの何倍あんねん!」

京太郎「まさか膝枕以外の不満だったなんて」

怜「次や!ウチは必ず最高の膝枕を見つけるんや!!」


カンッ!!