全国大会で再開後くらい

憧「和ー。もうツインテールやんないの?」

穏乃「そういや前はずっと同じ髪型だったね」

和「そうですね。確かに全国大会前くらいまではそうしてましたよ?」

玄「じゃ、なんで今はそうなの?」

和「それは…」



和「お、遅れてすいません!」

優希「のどちゃんが遅刻なんて珍しいじぇ」

久「これは雪でも降るかしら」

まこ「京太郎が咲達に勝ったりしてな」

京太郎「酷くないっすか?」

咲「あはは。和ちゃんも寝坊?」

和「ええ……昨夜、ついネト麻で熱中してしまって……」

京太郎「で、咲みたいに起きれなかったって訳か」

優希「のどちゃん、髪が乱れてるじぇ」

和「走ってきましたしね……少し直します」ぱさっ

京太郎「……なんか、いいな」

和「はい?」

京太郎「あ、いや。結んでるのもいいけど、ほどいてそのままってのもいいと思っただけだ」

久「そうねー。元がいいからってのもあるけど、この髪はちょっと羨ましいわ」

まこ「そうじゃな。これ、結構手入れしてるの」

咲「わ、さらさら」

和「も、もう!そんなことより…」ふわっ

京太郎「お、風。……風になびく髪ってのも結構いいな。普段と違ってかわいいってより綺麗な感じだな」

和「……このまま始めましょうか」



和「…と、いうことがありまして、今に至ります」

憧「なるほど……ギャップね……それはアリだわ」

穏乃「わ、私今から京太郎のとこ行って髪ほどいてくる!」

憧「あ、コラ!ポニテほどくのは卑怯よ!」

玄「むむむ……もうこれをほどくしか……」

和「……ほんの少しほどいてどうするんですか」


カンッ!!