哩「うーん……」

姫子「ぶちょー?どがんしたとですか?」

哩「いや、ちょっと京太郎ば待っとってな?」

姫子「はい」

哩「で、待っとる間にこんなん見っけたと」巫女服

姫子「……なんであるとですか」

哩「前に永水と練習試合やった時に貰った」

姫子「この巫女服……なんか短くないですか?」

哩「そーいやこれくれたん薄墨やったな……」

姫子「あぁ……」

哩「……姫子、着てみん?」

姫子「えぇ!?私がですか?」

哩「京太郎来るまでまだかかるし、よかろ」

姫子「もー、着るだけですよ?」

姫子「来てみましたけど……なんか小さかですよ」

哩「……違うな」

姫子「はい?」

哩「もっとこう……はだけさせっか」

姫子「は!?」

哩「もっとギリギリで……」

姫子「ちょ、待って服に手ぇ入れて……ひゃっ!」ビビクン

哩「で、下ももっと短く……」

姫子「あ、そ、そこは駄目……あっ」

哩「んー?……なんか違うなー……」

ガラッ

京太郎「すいません遅くなりました…何やってるんですか」

姫子「きょ、京太郎くん……」巫女服&涙目

哩「ちょっと、どこまで永水の薄墨っぽくできるかと思って」

京太郎「ほほう……なるほど」

姫子「もう、大体部長がいつも受け…」

京太郎「だったら協力しましょう」

姫子「……え?」

京太郎「ちょっとそっち抑えてください」

哩「はい鎖」

姫子「あ、あのー?」

京太郎「もうちょっとはだけさせて……もっと下もギリギリまで攻めましょうか」

哩「うん、見える見えないとかやなく、いっそ見えてもいいんだくらいまでやってみっか」

姫子「ま、待ってください!そういうプレイは部長で、私は…」

哩「たまにはええやろ?」

京太郎「大丈夫ですよ?、ちょっと恥ずかしいだけです」

姫子「待ってもうこれ見えそうってか見えて……ひゃああああああああ」


カンッ!!