望「ねぇ憧ー」

憧「んー?」

望「なんかさー、うちの神社にもゆるキャラのマスコット的なものがあればもっと人増えるんじゃない?」

憧「そんな簡単に増えないわよー」

望「そうよねー」

憧「Kちゃんでもマスコットにしたら受けるんじゃない?」

望「…………」

憧・望「イケる!!」

望「さすが憧!」

憧「自分が恐ろしいわ……こんないいこと思いつくなんて」

望「早速話し合いましょう!やっぱりマスコットだからちっちゃく?」

憧「まず格好じゃない?学生服のままってのもアレだし」

望「ふむ……うちは神社だし、宮司?」

憧「……Kちゃんに巫女服って似合いそうじゃない?」

望「あんた……天才?妹ながら恐ろしいわ……」

憧「元々Kちゃん顔はいいしねー……普通の巫女服と、きわどい巫女服の両方で用意すれば…」

望「憧、鼻血鼻血」

憧「お姉ちゃんも出てるわよ」

望「とにかくこれで!」

憧「参拝客も倍増ね!」

望「よーし!すぐに行動だ!憧、まずは巫女服よ!!」

憧「分かってるわ!!」

その後、著作権の問題で巫女服Kちゃんの注文とそれもネットで公開するくらいにしました

それでも少し参拝客は増えたとか


カンッ!!