ラーメン屋

穏乃「着いたー!ラーメンラーメン!!」

憧「シズは好きねー……あたしあっさりしたのがいいわ」

穏乃「えー!?ラーメン屋に来たんだからラーメン食べようよー!」

憧「えー?こんなに暑いのになんで熱いラーメンなのよ」

穏乃「そこがいいんだよ!」

ダヴァン「そうデス!」

憧「うわっ、外国人!?……何?」

ダヴァン「日本のラーメンは素晴らしいデス!それなのにラーメン屋あっさりしたものがいいなんて……なんて人ダ!」

穏乃「そうだよ!熱い日にあっついラーメン啜るのがいいんだよ!」

ダヴァン「そこに替え玉も欲しいデスネ!」

穏乃「あなた……分かってますね!」

ダヴァン「あなたモネ!」

ガシッ!!

穏乃「ラーメンは何味が好きですか!?」

ダヴァン「ベーシックな醤油デス!ですが、他のものも試してみたいところデス!こう、本格的な…」

穏乃「でしたら豚骨ラーメンが…」

ダヴァン「トンコツ!?」

憧「……あたしあっちで食べるからゆっくりいいわよー。あ、すいませーん、冷やし中華ひとつ」

ダヴァン「トンコツ……想像以上デス……これは九州に行かねば!」

穏乃「ええ!博多にあるラーメンスタジアムがですね!」

ダヴァン「なんですかそこは!聖地!?聖地デスカ!?」

トシ「……ふっ、若いね」

穏乃「な!?あ、あなたは……!?」

ダヴァン「老人?……なんデスカ?」

トシ「あんたら……味噌ラーメンを忘れてないかい?」

穏乃「あぁっ!?」

ダヴァン「み、ミソ!?……まさか、それも私が思っている以上のモノガ!?」

トシ「教えてあげるよ。ラーメンってやつをね」

穏乃・ダヴァン「お願いシマス!!」

憧「ふー、ごちそうさまー」


カンッ!!