ダヴァン「ビニールプール、ゲット!」

京太郎「どうしたんですか、そんな大きいの」

ダヴァン「ラーメンの懸賞デス」

京太郎「すっげえ説得力」

ダヴァン「という訳で水着はありマスネ?」

ネリー「はーい」

ハオ「余裕」



京太郎「じゃ、水出しますよー」

ネリー「おぉー……プールの水と掛けられる水の両方がきもちいー」

ダヴァン「このプールも大きくていいですねー」

ハオ「ん……涼しい」

明華「おや?一体何を?」

京太郎「明華さん。今は水遊び中ってとこですね」

明華「なるほど。この暑さなら気持ち良さそうですね」

ネリー「明華も来なよー」

明華「じゃ、着替えて来ますね」

ダヴァン「アレ?着替えありマシタっけ?」

ハオ「私達はダヴァンが当てたの見てたから知ってて用意できたけど」

京太郎「でももう行っちゃいましたし、大丈夫じゃないんですか」

明華「お待たせしました」

ダヴァン「水着でなく大き目のTシャツ?」

明華「水着が無いんで濡れてもいい格好を。さすがに入れませんけどね」

京太郎「それ俺のじゃないですか?」

明華「日本男児は細かいことを気にしないという…」

京太郎「俺のなんですね?」

ネリー「水かけちゃえー」

ハオ「ホースから勢いよく」

明華「わぷ」

京太郎「ちょ、さすがに顔に直接はほどほどに…」

明華「ふ、水も滴るいい女、ですね」

京太郎「結構余裕ですね。アレ?それ、透けてません?」

明華「濡れたTシャツは透けるものでしょう?」

京太郎「……下に何も着てないように見えるんですが」

明華「濡れてもいいように、これしか着てませんから」

京太郎「ああなるほど……いや、駄目ですから!」

明華「こうやって京太郎を誘惑します」

京太郎「確かにそんな格好ですけど!ここ外ですから!」

明華「ふっ、細かいことを……濡れ濡れのスケスケですよ?」

ネリー「明華ー」

明華「なんですか邪魔しないでください」

ネリー「サトハが後ろにいるよー?」

明華「…………え?」

しっかり怒られました


カンッ!!