照「ハロウィンだね京ちゃん」

京太郎「そうですね。そのお菓子でも配るんですか?」

照「いや、私はもらう側だけど?」

京太郎「……その量買ってさらに?」

照「京ちゃんの手作りがいいなー?」

京太郎「はいはい。作ってきますから、せめてハロウィンらしく仮装してくださいよ?」

照「大丈夫。部屋で仮装して待ってる」



京太郎「仮装して来るのが普通だよな……いや、照さんだから待っててもらう方がいいけど」

京太郎「照さーん、来ましたよー?」

京太郎「……返事がない、そして鍵は開いてる。おじゃましまーす」

京太郎「照さーん?」

照「……助けてー」

京太郎「照さんの声……部屋から?」

ガチャ

照「助かった……」包帯だらけ

京太郎「……何やってるんですか」

照「ミイラ男の仮装」

京太郎「照さん女の子だからミイラっ娘でしょう」

照「仮装してたらからまった。助けて」

京太郎「はぁ、ハサミで切りますよ?」

照「うん」

京太郎「それにしても、1人でよくこうなりますね」

照「私は悪くない……」

京太郎「無機物に意思はないです……ん?」

照「どしたの?」

京太郎「いや、なんか包帯ばっかだと思って」

照「そうだよ?包帯だけだから」

京太郎「……は?」

照「裸に包帯巻いてるだけだけど……なんかおかしなこと言った?」

京太郎「……格好がおかいしですね。というか先に言ってくださいよ!これもう7割くらい素肌じゃないですか!」

照「裸Yシャツならぬ裸包帯……」

京太郎「ちょ、動かないでください。ああもう胸のとこが落ちる!」

照「裸にリボンみたいだけど、どう?」

京太郎「体冷やす前に服着てください」

照「むー……先に京ちゃんのお菓子食べてからね」

京太郎「分かりましたから、せめて胸と下は隠してくださいね。ああもう見えそうになってますって!」

照「……京ちゃんならいいのに」


カンッ!!