玄「でね!千里山の清水谷さんのおもちがね素晴らしいんだよ!」

京太郎「こっちはもう永水に宮守に姫松と素晴らしいのが揃ってますよ!」

玄「いいなぁ……」

京太郎「やっぱり大きいおもちは正義ですね!」

玄「形とやわらかさも大事なんだねこれが!お姉ちゃんとか理想的で…」

京太郎「くっそ!俺は完全な形を見ることもやわらかさを確かめることもできないというのに……」

玄「ふっ……私だからできるのだよ!」ドヤァ

京太郎「一度……一度揉んで確かめたい!そしてそこから素晴らしいおもちを追求したいのに……」

玄「うん、おもちの感触は素晴らしいおもちに必要不可欠だからね」

京太郎「くっ……俺には無理なのか……!?」

玄「……よし、私が人肌脱ぎましょう」

京太郎「へ?」

玄「私のおもちで感触を確かめるのです!」

京太郎「!?」

玄「私もおもち好きの同士として、京太郎くんが悔しがっているのは見逃せないし……私のおもちがどうなのかも京太郎くんに判断してほしい!」

京太郎「玄さん……でも」

玄「あ、ちょっと待ってね?……よし!」

京太郎「……何をしたんですか?」

玄「さすがに服の上からだけど、ちゃんと揉めないし……ブラだけ外しました」

京太郎(分かってるよ!ピンクの大きいやつ見えたし!!昔咲の家でうっかり見たやつなんか比べ物にならなかったし!!)

京太郎(アレ、誰のだったんだろ……誰でもありえるな、あの家系なら)

玄「じゃあ……ど、どうぞ」

京太郎(いいのか!?本当にいいのか!?)

玄「は、はやくぅ……」

京太郎「く、玄さん……」

ガチャ

穏乃「ふー、遅くなって…」

憧「あれ?玄と京太郎だけ…」

真っ赤になっている玄

その胸を揉もうとしている京太郎

穏乃「……へ、変態だああああああ!!」

京太郎「ちげええええええええ!!」

憧「これって玄の……」

玄「あっ……ち、違う……!!」

京太郎「そうだよ!それは玄さんが脱いだんだ!!」

玄「それはそうだけど言わないで!!」

憧「……とりあえず正座しろっ!!」

2人とも怒られました


カンッ!!