休日、千里山のみんなで買い物に行きました

セーラ「いやー、結構買ったなー」

浩子「ついつい買ってしまいましたね。江口先輩の乙女モード用に」

泉「船久保先輩も着たらええやないですか」

京太郎「その前に俺が荷物持ちということに突っ込もうか泉」

怜「ウチ……病弱やから……」

京太郎「そこ!病弱アピールやめる!」

竜華「まぁまぁ……やからうちはあんま買わんかったしな?」

京太郎「5人分はきついですよ」

浩子「やったらそのお礼をせなアカンね」

京太郎「なんか奢ってくれるんですか?」

浩子「今日買った服を1番に見せてあげるで」

京太郎「えー」

浩子「見たくないん?露出度の高い女の子な服着て恥ずかしがる江口先輩を?」

京太郎「是非お願いします」

セーラ「おいこら!」

浩子「よろしい……じゃ、京太郎くんの家近いからそこでええね?」

京太郎「はい。ちょうど今誰もいませんから」

竜華(こんな形で京太郎くんの家行くんか……あんなん買った帰りにとか、なんかアレやな)



怜「え?ウチらも着替えるん?」

泉「先輩だけでええやないですか」

セーラ「俺だけ着替えてられるか!こうなったら全員巻き込んだる!」

浩子「幸い全員何か服買ってましたしね。じゃ、着替えて集合ってことで」

京太郎「それなら、俺リビングにいるんで、そこの部屋で着替えて下さい」

怜「分かったわー……覗いてええで?」

京太郎「是非……覗きません!」

バタン


怜「迷っとったなー……竜華?」

竜華(まずいで……うち下着しか買うてないやん!どないするん!?下着姿!?)

セーラ「はよ着替えよか」

浩子「じゃ、これで」

セーラ「……チェンジ」

浩子「泉、抑えや」

泉「はい!」

セーラ「あ、こら!は、離せ!俺は新しく買ったジーパンが…」

怜「おー頑張りやー」

竜華(みんなうちが下着しか買ってないん知っとるやろ!?行けっちゅうんか!?)

竜華「……行くしかないんか」

怜「お、竜華新しい下着やん。またエロいやつやなー」

竜華「……じゃ、先行くわ」

怜「は?いや下着姿やん。新しく買った服……あ!」

竜華「ほななー!」

怜「ま、待ちや!そうやない!竜華!りゅーかー!!」



京太郎「あ、もう着替えたんですか……」

竜華「……ど、どう?」エロい下着でポーズ

京太郎「……グハッ」バタッ

竜華「え?いや、なんで倒れるん!?京太郎くん!?しっかりして!!」

怜「竜華!」

セーラ「おま、なんて格好で……」

竜華「え?だってうち新しい服これしか買うてないし……」

浩子「買ってないからって下着姿見せる訳やないですよ?」

泉「正直みんな忘れてただけで……その格好はアカンと思いますよ?」

竜華「じゃ、うち……」

怜「勘違いや。京太郎ー?……えらい鼻血が」

竜華「わ!しっかりしてや!」

京太郎「ブハッ!」

セーラ「……悪化させてどないするん」


カンッ!!