衣「ロンだ」

純「ぐっ……おい手加減なしかよ」

衣「麻雀だと加減ができん。ちょっと悪いとは思ってるぞ?」

純「くそ……誰だよ脱衣麻雀とか言いだしたの」

一「純くんじゃん」

純「そうだけどさ……途中で透華が衣と代わるとか考えてねえよ!」

智紀「ふっ……」

純「てめっ、笑いやがったな」

一「下着1枚で言われても笑いしか出ないよ……」

純「くっそ………もう全部脱いだよ。終わりだ終わり」

智紀「……待って」

純「なんだ?俺は早く服着たいんだが」

智紀「…………」ネクタイ取りだす

智紀「…………」純にネクタイ締める

智紀「……新しい」

純「それだけの為かよ!」

衣「あ、それでまだできるんじゃないか?」

純「さすがにネクタイだけってのは…」

ガラッ

透華「待たせましたわね!ちょうど京太郎くんを連れてきましたわ!」

京太郎「どうも…え?」

純「うわっ!見るな!!」

一「ご、ゴメンね?ちょっと出てて!」

ガチャ

透華「……ああ、脱衣麻雀をやっていたのを忘れていましたわ」

京太郎「……ネクタイしかしてなかった……ほとんど見えた」



純「おいもう京太郎の顔見れねーよ!どうすんだよ!」

智紀「いっそもう一回…」

純「やらねーよ!」

カンッ!!