京太郎が姫松にいます

部室

洋榎「おー、おるかー」

漫「お疲れ様です」

恭子「なんや、2人だけ?」

絹恵「まだ2人ですね」

洋榎「なんか盛り上がっとったみたいやけど、なんの話や?」

絹恵「服の話やで。最近きつなったな、って」

洋榎「ほう、腹?」

絹恵「胸」

洋榎「畜生っ!」

絹恵「きゅ、急になんよ」

恭子「ああ……だから漫ちゃんもか……油性やね」

漫「なんでですか!?」

絹恵「ほら、前にお姉ちゃんのシャツ借りたらボタン飛んだやん?上重さんもそうやったって話よ」

洋榎「なるほど……恭子油性」

恭子「はい」

漫「酷い!うちは服が駄目になったのに!?」

洋榎「今のはアカンわ……恭子、抑えとき」

恭子「はい」ガシッ

漫「ちょっ!?ガチやないですか!やめて下さい!!」

洋榎「うちらみたいな人の気持ちを考えんやった罰や……覚悟しぃ!」

ガチャ

京太郎「お疲れ様です……なんすかこの状況」

漫「京太郎くん!助けて!!」

恭子「邪魔したらアカンよ。これは漫ちゃんへの罰や」

京太郎「訳分からないんですけど……」

洋榎「なら見とくとええ……さぁ」

漫「ちょ……胸きついのに抑えられると……あっ!」ブチッ!パーンッ!

洋榎「あだっ!?」

絹恵「お姉ちゃん!?ぼ、ボタンがえらい勢いで飛んだ……」

恭子「大丈夫ですかー?あー……漫ちゃんの服もえらいことになったなぁ……」

京太郎「大丈夫で、ブッ」鼻血

漫「え?どないしたん、京太郎くん」

絹恵「あ、ブラのホックまで飛んどる」

恭子「フロントやったか。あぁ、胸が……」

漫「え?きゃあっ!み見んといて!!」

京太郎「す、すばら……」鼻血ぼたぼた


カンッ!!