淡「最近Kちゃんぬいぐるみ抱いて打つのが流行ってるらしい。という訳で!」

菫「おいていけ馬鹿」

淡「なんでー!?いいじゃん!」

菫「あのな……そもそもそういうことをだな」

淡「あ、テルーがどこか行こうとしてる」

菫「何!?おい照!」

照「何?」

菫「……普通にいるじゃないか、おい淡、いない!?」

照「逃げられたね」

菫「あいつは……」



『大星淡選手、圧倒的な強さで1位で勝ちぬけましたー!!』

菫「……嘘だろ?」

照「……個人危ないかも」

菫「えっ」



『ゆ、優勝は大星淡選手ー!!』



淡「せっかく優勝したのにー」

京太郎「優勝商品俺、ってアホかお前。そんなことある訳ないだろ」

淡「欲しかったのにー」

京太郎「なんでだよ」

淡「え?好きだから」

京太郎「あ?俺も好きだけど?」

淡「……へ?」

京太郎「……嫌だったか?」

淡「……え!?そ、そそんなことないよ!?」

京太郎「……おう」

淡「……じゃあ、つ、付き合うってことで?」

京太郎「むしろそのつもりで言ったんだけど」

淡「……なんか軽い感じー」

京太郎「じゃあ、証拠見せてやろうか?」

淡「え?ちょ、なんで寄ってきて、いや、嫌じゃないけど近くて…」


カンッ!!