京太郎が千里山にいます

全国大会終了後

泉「お願いします!練習見て下さい!」

雅枝「……いや、見とるよ?」

泉「そうじゃなくてですね……みんなの練習が終わった後にお願いしたいんです」

雅枝「つまり、マンツーマンでか?」

泉「はい!……もう、大会で自分だけロクに稼げないとか、嫌なんです」

雅枝「……分かった。厳しく行くで?」

泉「はい!」



雅枝「……こんなもんやな」

泉「は、はい……」

雅枝「ほな、次で最後にしよか……そやね」

ガラッ

京太郎「あれ?まだ残ってたんですか?」

雅枝「ええタイミングや。入り、三麻やるで」

京太郎「?」

雅枝「ええか泉。この三麻でうちに勝てたら、須賀連れてってええで」

泉「えぇ!?」

雅枝「負けたら……うちに須賀連れていく」

泉「ちょ!?」

京太郎「??」

雅枝「負けられんやろ?しっかりやり」

泉「うー……ええい、もうやるしかない!!」

京太郎「なんかよくわからんが、やるか」


泉「ま、負けた……」

京太郎「あちゃー……やっぱ勝てないか」

泉「やっぱりうちは……」

雅枝「泉、今日はここまでや、須賀と帰り」

泉「え?監督……」

雅枝「ま、充分にやったし。というか教師が生徒持ち帰れる訳ないやろ」小声

泉「か、からかったんですね!?」

雅枝「はっはっは」



泉「全く監督は!」

京太郎「最後までよく分からなかった……それより、居残り練習までやってるんだな」

泉「あー……今年のインハイ、うちだけ残念やったしな。来年こそ、やったるんや」

京太郎「そうか……なあ、居残り練習、俺も参加していいか?」

泉「え!?京太郎くんも!?」

京太郎「俺も、泉に負けられないと思ってな」

泉「……うん、2人で頑張ろう!!」

その後、京太郎を賭けた闘いが繰り返されることになったとか


カンッ!!