ホテル、京太郎の部屋

哩「全国優勝、したよ?」

京太郎「…………」

哩「このチョーカーもずっと付けとったし、約束守ってくれる?」

京太郎「……分かりました、俺も男です」

哩「やった!」

京太郎「はい、首輪です」

哩「え?用意してくれとったと?」

京太郎「俺は優勝できるって信じてましたから」

哩「京太郎……」

京太郎「首輪、付けましたね?じゃ、リード付けて……」

哩「まるでペットの犬みたいやね……」

京太郎「ペットって……そういうのがいいんですか?」

哩「わん♪」

京太郎「……お手?」

哩「わん」

京太郎「……そういえば、犬が足で立ってるのはおかしいよな?」

哩「わ、わん?」

京太郎「やっぱり4足だよね?哩?」

哩「わわん!」

京太郎「よしよし」ナデナデ

哩「くぅ~ん」

京太郎「……ペットに服着せてるのってあるよな?」

哩「?」

京太郎「俺、アレあんまり好きじゃないんだよな……だから脱ごうか、全部」

哩「!?」

京太郎「ちゃんと脱がしてあげるからさ、飼い主として」

哩「ちょ、待って!」

京太郎「おかしいな?犬が喋るはずないよな?暴れるなよ?」

哩「わ、わんわん!?」

京太郎「うん、やっぱりペットに無理に服着せるのは駄目だよな」

哩「く、くぅ~ん」全裸に首輪

京太郎「そういえば……首輪は実は懸賞で当てたんだよな」

哩「?」

京太郎「だから色々付いてきたんだよな……犬耳と、尻尾とか」

哩「わん!?」

京太郎「耳は、似合うな。さ、お尻出して?」

哩「わん!わん!」

京太郎「コラ!さっきより暴れるな……少しほぐすか」

哩「く、くぅん……」

京太郎「で、尻尾を……結構あるな、いいか」

哩「ひゃん!?」

京太郎「入った入った。よしよし、大丈夫大丈夫。似合ってるぞ」

哩「わ……わん」犬耳&尻尾装備

京太郎「ほら、ご褒美にこれも付けてあげよう」ヴィィィィィン

哩「ひゃ、わん!」

京太郎「小さいから2,3個くらい大丈夫だって。あ、尻尾もこれで動くのか」カチッ

哩「わ……くぅん……ひゃん!」ヴィィィィィン

哩「あ……あぁ……んぁあぁぁっっ!!」ビクンビビクン

京太郎「あーあ、こんなとこで……」

哩「わふ……外して……トイレ……」

京太郎「んー?仕方ないな……飼い主の責任だし、ちゃんと持っててあげるからな?」

哩「え……」

京太郎「ちゃんと外でさせないといけないんだけど……今回だけだからな?あ、今から外いこうか?散歩って話だったし」

哩「わふ……恥ずかし…」

京太郎「え?なんだって?」カチッ

哩「わ、あぁっ!」ヴィィィィィン

京太郎「このままじゃ漏らすかな……風呂付いてて良かったな?ちゃんと躾られるし」

哩「わ……わん」ビクンッ

京太郎「今夜はしっかり、躾しないとな?」



京太郎「すいませんやりすぎました」土下座

哩「全く……初めてやったとに」

京太郎「すいません……つい」

哩「つい、で朝までとかやると?途中危なかったし」

京太郎「一番乗り気だったじゃないですか」

哩「うるさか!……責任、取ってもらうけんな?」

京太郎「……当然ですよ」

哩「……わん♪」


カンッ!!