透華「集まりましたわね?それでは、新作Kちゃんについての話し合いを始めますわ!」

純「ちょっといいか?いつもなら依頼があってそれ作るんだろ?なんで話し合いが必要なんだ?」

智紀「ハギヨシさんが、新しいものを作ってみたいって言って」

一「ハギヨシさんも今やノリノリで作ってるしねー」

衣「うむ!ハギヨシ、昔より楽しそうにしてるぞ!」

透華「という訳で、何か案はありまして?」

純「うーん……執事服は?」

智紀「もうある」

一「いっそ女装とかは?ほら、ボクの私服とか…」

透華・純・智紀「却下」

衣「?」

一「ちぇー」

衣「うーん……ファミレスの制服はどうだ?」

透華「あら、それは新しいですわ」

智紀「一応伝える」

衣「わーい」

智紀「……この同人誌と同じ」

透華・純・一「却下」

衣「??」

智紀「……夏に売るからいいもん」

透華「ふ、真打ちは最後に登場するものですわ!」

純「ほー。どんな案はあるんだ?」

透華「とにかく目立つようにします!」

一「うん」

透華「…………」

衣「…………」

智紀「…………」

純「…………」

一「え?それだけ?」

透華「え?これ以上必要ですの?」

純「あー……」

衣「トーカらしいな!」

智紀「……じゃ、ここでお開き。ハギヨシさんに伝えておくから」

純「おーう」

一「衣、行こっか」

透華「ちょ、ちょっと!もっと褒めたり称えたりしてもいいんですのよ!?ちょっと!?」

新作Kちゃんは、ファミレスのコック服だったとか


カンッ!!