龍門渕家

京太郎「ふぁ~」

衣「む?なんだ京太郎、寝不足か?」

京太郎「ええ、最近どうも寝付けなくて」

衣「そういう時は、何か安心できるものが近くにあるといいぞ!」

京太郎「……安心できるもの?」



京太郎自室

咲「おじゃましまーす」

京太郎「おう、そこに座っててくれ」

咲「はーい。それにしても、帰り道でいきなり勉強教えてくれって言った時は、びっくりしたよ」

京太郎「なんだよ。そんなにおかしいか?」

咲「だって最近授業中寝てばっかだったし」

京太郎「寝不足だったんだよ。その寝不足がなくなったと思ったら小テストだ。しかも明日、そりゃ頼むっての」

咲「寝不足?眠れなかったの?」

京太郎「ああ。ま、ちょっとした快眠グッズでなんとかなったからいいけど。茶、取ってくる」

ガチャ

咲「……快眠グッズか、どんなだろ。探してみよっかな」

咲「ベッドの上……何も無い。ベッドの下……えっちな本とか。机の上……結構整理されてる」

咲「どこにもないなー……アレ?この箱なんだろ?」パカッ

ガチャ

京太郎「咲ー、遅くなった……あ」

咲ちゃんぬいぐるみ

咲「これ……私?」

京太郎「そ、それは……」

咲「……京ちゃん、快眠グッズってこれ?」

京太郎「……そうだよ。眠れない時は安心できるものが近くにあるといい、って聞いて作ってもらったんだ」

京太郎「俺さ、お前と一緒にいる時は一番安心できるから……悪い、ぬいぐるみまで作って、気分悪かったよな」

京太郎「これ、処分するよ。お前も…」ギュッ

京太郎「さ、咲?おま、なんで抱きついて…」

咲「……ぬいぐるみじゃなくて、私本人だけど、安心できる?」

京太郎「え?」

咲「私は、京ちゃんと一緒だと安心できるし、ぬいぐるみ作ったっていうのは嬉しかったよ?」

京太郎「咲……」

咲「うん……ね、ぬいぐるみの私は安心できる?」

京太郎「え?そうだけど……なんだ?」

咲「……本人の方が、効果はあると思うけど、試してみる?」


カンッ!!