怜「京太郎、聞いたで?竜華の下着見たんやって?」

京太郎「……事故です」

怜「エロかったやろ?1枚冗談で買わしたらはまってもうて……」

京太郎「原因怜さんですか!ありがとうございます!」

怜「ちなみに私のは地味なのか子供っぽいのしかなくてなぁ……」

京太郎「いや、いきなり何言ってるんですか」

怜「あ、今日のは子供っぽいやつやった。見る?」

京太郎「いやいやいや。駄目でしょう」

怜「どう?」たくし上げ

京太郎「縞……っは!」

怜「やっぱ高校生でこういうのはないか……」

京太郎「いやそんな、眼福で…」

怜「ウチ、入院とか倒れたりが多いからあんまり派手なんはなぁ……買いに行く暇もあんまなかったし……」

京太郎(意外とまともな理由だった……)

怜「もう慣れとるし……似合いそうにないしな……」

京太郎「そんなことは無いと思いますよ?」

怜「ホンマに?」

京太郎「は、はい」

怜「……やったら、付き合ってもらうで?」ニコッ

京太郎「……へ?」



怜「うわーこれすごいなー、スケスケやん。あ、これ竜華のと似とる」

京太郎「あの……すいません」

怜「なんや?うわ、これ布少なっ!」

京太郎「いや、確かに似合うと思う、とは言いましたけど」

怜「うん?」

京太郎「……俺までここに来る必要はないでしょう!」

ランジェリーショップ

京太郎「アウェイですよ!ここでは俺超アウェイじゃないですか!」

怜「そう言わんでって。あ、これセーラが買ったやつや」

京太郎「え!?あのセーラ先輩が!?」

怜「……興味津々やん」ニヤリ

京太郎「……と、とにかく!俺は外で待ってますから!」

怜「ん、分かった。じゃ、その前に京太郎が好きなやつ選んでくれへん?」

京太郎「……は?」

怜「もちろん買ったら着て見せるで?この紐?それとも透けとるやつ?どれがええ?」

京太郎「勘弁して下さい!」


カンッ!!