未春「うーん……これじゃないな」

京太郎「決まりませんか?」

未春「なんというか、しっくりこないんだよね……ごめんね、付き合わせちゃって」

京太郎「いえいえ。でも未春さんはコンタクトにはしないんですか?」

未春「や、目に入れるって怖くて」

京太郎「なるほど……お、伊達眼鏡?」

未春「へぇ、かけてみたら?」

京太郎「……どうですか?」眼鏡装備

未春「…………」

未春(思ったよりかっこいい……)

京太郎「未春さん?」

未春「あ、う、うん!いいんじゃない!」

京太郎「そうですか?買ってみようかな……」

未春「うん、そうしなよ!」

京太郎「俺はいいですけど、未春さんはどうするんですか?」

未春「あ……えーっと」

京太郎「お。これ、さっきかけた伊達眼鏡に度が入ったやつですよ?」

未春「それにする!!」

京太郎「……へ?」



華菜「あ、みはるん眼鏡代えた?」

未春「分かる!?これ、すっごくいいんだよ!」

華菜「そんなに?……普通の眼鏡に見えるけどなー」

未春「♪」


カンッ!!