竜華自室

京太郎「きれいな部屋ですねー」

竜華「そう?普通やと思うで。あ、コーヒーでええよね?」

京太郎「あ、お願いします」

竜華「分かった。すぐやけど……よし。はい、コーヒー」

京太郎「ありがとうございま…」ツルッ

バシャッ

竜華「ああ!床にコーヒーが!!」

京太郎「す、すいません!手が滑って」

竜華「大丈夫や!まだセーフやから、そこの上の引き出しからタオル2,3枚取ってくれん?」

京太郎「引き出し……右と左あるけど……右でいいか」ガラッ

エロい下着の数々

京太郎「…………」

竜華「どしたん?はよ……ってそっちは見たらアカン!!」ピシャッ

京太郎「す、すいません!!」

竜華「……見た?」

京太郎「…………何のことですか?」

竜華「結構地味なのが多かったと思うんやけど……」

京太郎「え?派手で布面積が少ないエロいのが……あ」

竜華「見られたぁぁぁ……」

京太郎「えっと……た、たまたまそういうの見ただけですよね!?」

竜華「あんなんしかないでばれたぁぁぁ……」

京太郎「え!マジで!?じゃ、今穿いてるのも……」

竜華「京太郎くんのすけべ!!」ビンタ

京太郎「べふっ!!」

竜華「ええやん!下着が少し大人っぽくても!」

京太郎「少し?」

竜華「いっぺん冗談で買って穿いたら気に入ったってええやん!!」

京太郎「大丈夫です!それくらい問題ないです!」

竜華「……ホンマに?」

京太郎「ちなみに今穿いているのは?」

竜華「黒の紐で……はっ!」

京太郎「いよっしゃあ!!」

竜華「こ、この変態!!」ビンタ

京太郎「ぶふっ!」



竜華「……見せてもええようにしとったのに」ぼそっ


カンッ!!