穏乃「そういえば京兄って試合の時だけネクタイつけてるね」

憧「あぁそうね、あれってうちの指定のじゃないよね?」

京太郎「あれか?あれは…」

灼「ハルちゃんに貰った奴…だよ」

京太郎「あぁそうそう、って灼、来てたのか」

灼「うん…あとハルちゃんちょっと会議で遅くなるって…」

京太郎「了解、じゃあいつも通り打ってるか…」

憧「ちょっと待ちなさいよ…えっとつまり灼とお揃いってこと?」

京太郎「まぁそうなるな」

灼「ぶいv」

穏乃「へ~いいなぁ」

京太郎「俺がまだちっちゃかった頃に貰ってなぁ…今はお守りって感じになってるな」

憧「そういえば試合の時にネクタイをギュって握ってる時あるわね」

京太郎「あぁそうすると…なんていうかな気持ちが落ち着くっていうか…集中できるんだよ」

灼「わかる…私もそうだから…」

穏乃「…」

穏乃「私も欲しい!」

京灼「へ?」

穏乃「京兄の強さを少しでも貰えるかなぁ~って!」

京太郎「欲しいって言ってもなぁ…」

灼「ハルちゃんこの2つで最後って言ってた…」

穏乃「え~」

灼「それに…」

憧「それに?」

灼「…なんでもな…」

穏憧「「?」」

京太郎「さておしゃべりもそのへんにして部活始めんぞ」

穏憧「は~い」

京太郎「ほら、灼もやるぞ」

灼「…うん了解…」

灼「(穏乃達には悪いけど…)」

灼「(これは私とハルちゃんと先輩の絆だから…)」

灼「(…三人だけの物にしたいな///)」

京太郎「どうした?」

灼「……この鈍感め…」

京太郎「へ?」

灼「なんでもな♪」

憧「(わっかりやすいなぁ)」

カンッ