京太郎「ちはー」

久「あら、遅かったわ、ね……え?」

まこ「き、京太郎、おんし何故に車椅子に? 足の骨でも折ったか?」

京太郎「いやはやお恥ずかしい。一昨日事故に遭っちゃいまして、くっつくのにはあと二週間はかかるとか」

久「あ、安静にしてたほうがいいんじゃない?」

京太郎「さっき咲たちにもいわれましたよ。でもなんだか落ち着かなくて、取り敢えず部室に……」

咲「あ、いた!」

和「やっぱり部室に来てましたね。さあ、観念して帰りますよ!」

優希「おとなしく病院に戻るじょ!」

京太郎「ちぃ、感づかれたか」

久「え、どゆこと?」

和「須賀くん、一昨日私たちをかばってトラックにはねられたんです!」

咲「全治二ヶ月なのに、目が覚めてすぐ車椅子かっぱらって学校に……」

優希「最新医療のおかげですぐ復帰したのかと思ったら、病院から京太郎がいなくなったって連絡が来たんだじぇ!」

京太郎「お、俺はもう大丈夫だから!」

まこ「んなわけあるか! はよ病院に戻らんか!」

久「そうよ! 身体は大切にしなさい!」

京太郎「で、でも雑用が……」

久「そんな状態の人間に頼むほど悪魔じゃないわよ!」

和「さ、行きますよ!」

咲「もう救急車(おむかえ)もきてるからね」

優希「逃げられないじぇ!」

京太郎「お、俺にはやることが、雑用があぁぁぁぁ…………」

久「……復帰したら、いっぱい雑用させてあげなきゃ」

まこ「いや、麻雀教えたれ!」

カンッ