怜「おぃ~っす。怜ちゃんのご登場やで~」ガララッ

京太郎「……」テクテク

竜華「お~、怜、おかえり~」

セーラ「大丈夫やったんか?」

怜「モチのロンやで。って言ってもただの検診やしな。なぁ、京太郎?」

京太郎「そうですね」

竜華「?何か今日の京太郎くん、ちょっと様子おかしない?」ヒソヒソ

セーラ「ん~?そうか?俺は特に何とも思わんけど」ヒソヒソ

怜「ほれ、京太郎。膝枕はよ!」

竜華「またかいな、怜。ちょっとは我慢しぃな」

京太郎「いえいえ、構いませんよ。お嬢様は三度の飯より膝に頭を埋めるのが大好きな変態でございますゆえ」

竜セ「!?」

怜「あぁ、やっぱええわ~、これ」ゾクゾクッ

京太郎「ご用意できましたよ、お嬢様?さっさとなさってはどうです?」

怜「ほいほ~い。よっ、と…はぁ~、落ち着く」

竜華「ちょ、ちょ、ちょ!怜!一体何なん、これ!?」

セーラ「せや!京太郎も!何があってん?!」

怜「ん~?別に何もあらへんやん?」

京太郎「僭越ながら申しますと、お嬢様の課せられている罰のことでは無いかと」

竜華「罰!?罰って何なん!?」

京太郎「ええ、その通りでございます、竜華お嬢様。最も性根の腐りきったお嬢様は悪戯だとはお認めにならないでしょうが…」

竜華「お、お嬢様…///」

怜「んふふ。ええでええで~やっぱ京太郎は素質あるわ~」ゾクゾクッ

セーラ「ちょぉ待って、俺全然付いてかれへんねんけど」

京太郎「私がご説明しましょう、セーラお嬢様。実は先程、私はお嬢様のお荷物を取り落とすという粗相をしでかしてしまいまして…」

怜「その罰として京太郎にはウチの不良執事やってもらってんねんよ」

セーラ「不良執事?」

怜「せや。ただの執事やと面白みないやん?やったら不良執事にしたれ、って思ってな」

京太郎「性根だけで無く脳みそまでも腐っておられるお嬢様らしいことです」

怜「な?京太郎はドSの素質あるわ~」ゾクゾクッ

セーラ「そ、そうなんか…?」

竜華「と、怜!ウチにも貸して!」

京太郎「りゅ、竜華ぶty、お嬢様!?何を仰るので?!」

怜「いくらりゅーかでもあかんで~。これはウチだけのもんやから♪」

竜華「ほんなら…えいっ、これでどうや?京太郎くん、ウチに仕えへん?」ギュッ ムニムニ

京太郎「え、いや、あの…」

怜「いくらりゅーかでもあかん言うたやろ!」ガバッ ギュッ フニフニ

京太郎「ちょ、ふ、2人とも落ち着いて…」

竜怜「京太郎(くん)!どっちに仕えたいん?!」

京太郎「だ、誰か助けて~~!!」




船Q「こんにちは~…って、先輩方どないしはったんです?」

セーラ「……俺は何も知らんでー(棒)」


カン!