久「それで須賀君?こんな時間に呼び出してどうしたのかしら?」

京太郎「今夜は星が綺麗だったんで…」

久「あら、曇ってみえるけど?」

京太郎「ええ、この街ではね…でも隣街にいけば少しは晴れているから星も見えますよ」

久「そう……ふふ、それで今から行こうってこと?」

京太郎「お手を」

久「うーん…そうね、何だか眠れなかったしいいわ……はい、エスコートしなさい」

京太郎「それっ」

久「あっ、こら急に走り出さないで」

…………

京太郎「タクシーってこんな時間でも結構走ってるものなんですね」

久「そりゃあ飲みに歩いているお父さん方とかいるじゃない?その人らのためよ」

京太郎「そっか…………さあ、見上げてみてどうですか?」

久「本当に…こっちは晴れているのね………綺麗」

京太郎「………」

久「………」

京太郎「俺……部長――久さんがいたこと忘れませんから」

久「ん……ありがと」

京太郎「………」

久「星といえば、さ…」

京太郎「はい?」

久「須賀君が私の手を引っ張ってね、タクシー探して走り回ってた時ね……

  なんだか星々の間を飛んでいく流れ星になれた感じがしたの」

京太郎「流れ星か……じゃあお願いすればよかったですね」

久「今しちゃったら?私達が流れ星なんだから」

京太郎「ああ、それもそうか……うーんと、じゃあ」

久「………」

京太郎「俺、やっぱり久さんと離れ離れになるの嫌だな……」

久「あら、残念ね…私は新しい街でも上手くやっていけますように、って願ったのに」

京太郎「あらら…参ったな」

久「……ね、ちょっとそばに寄っていい?何だか冷えるわ」

京太郎「そうですね…どうぞ」

久「………あったかいわ」

京太郎「……俺達、まだ流れ星でしょうかね?」

久「もう違うわ」

京太郎「………」

久「――私が嘘をついたから」

京太郎「え?」

久「あ、いまキラって光らなかった?」

京太郎「へ、あ、流れ星!…あっ、行っちゃった!くそう…流れ星め、俺はさっきまではお前の兄弟だったんだぞ」

久「ふふふ…私はちゃっかりお願い事したけどね~、本気のお願いだから今度は口に出さないわ」

京太郎「なにそれずっこいっすよ!」

久「それより星座わかる?あの大きいのが並んでるのって何て言うの?」

京太郎「…ああ、あれは――」

久「………」



久「(『ずっとこうしていたい』……そんな事考えるだけならアリでしょ、カミ様?)」

カンッ