華菜「おう須賀!華菜ちゃんに腕枕するし!」

京太郎「・・・池田さん、風越の部屋はあちらですよ」

華菜「んにゃ、無視すんなし!」

京太郎「いやいや、意味分かんないすよ。なんで腕枕なんですか」

華菜「なんでって、お前の腕枕が気持ちいいと聞いたからだし」

京太郎「誰から」

華菜「お前んとこの大将から」

京太郎「さーきー!!」

華菜「まあまあ減るもんじゃないしいいじゃないか。ほら、とっとと寝る」

京太郎「はぁ・・・少しだけですよ」


華菜「よし、それじゃ失礼~♪」

京太郎「・・・どうですか」

華菜「うーん、キャプテンに膝枕してもらったことあるけどそれより固いし」

京太郎「そりゃあ、女性と比べられたら・・・(福路さんの膝枕・・・やらかいんだろうな~俺もやって・・・)」

ズビシッ

京太郎「おうふっ、脇腹ッ」

華菜「不純な妄想を感知したし」

京太郎「猫の勘か・・・」

華菜「ふあ・・・横になったら眠くなってきたし」

京太郎「え、ちょっと勘弁してください」

華菜「固いこと言うなし。ちょっと寝る」

京太郎「は?ちょ、丸くなるな!」

華菜「zzz・・・」

京太郎「寝つきいいなオイ!」



未春「華菜ちゃーん、どこにいるのー」

美穂子「清澄の部屋・・・華菜、いる?」

ガラッ

美穂子「・・・!?」


京太郎をがっちりホールドして爆睡する華菜ちゃんの図


京太郎「げっ、福路さん!あ、あのこれは・・・池田さん!起きて!ていうか放してくれー!」

華菜「むにゃむにゃ・・・」

美穂子「大丈夫須賀君!私は何も、何も見てないから!そ、それじゃあお幸せにぃ!」

バタァン

京太郎「全然大丈夫じゃねえぇ・・・」


未春「キャプテン、華菜ちゃんいました?」

美穂子「・・・いないわ。私たちの知ってる華菜ちゃんは、いなかったわ・・・(遠い目)」

未春「・・・ちょっと何言ってるか分からないです」


その後、ちゃんと誤解は解きました。


カン