成香「しょっ、しょれでは!迷えるこひちゅじよ、おはいりくだひゃい!…うぅ、噛んでしまいました」


哩「緊張しすぎっちゃよ、リラックスたいね」


成香「は、はい…すみません」


まこ「……」←磔状態


哩「ふぅー、うちは真言宗やけん、細かい作法はしらんたいね……こほん


  主よ……先日、京太郎の家に3PのAVと一緒に、特注の鎖を送りつけたけん…

  ばってんが、アイツにもリザベプレイの良さば教えちゃろう思ただけやけん…堪忍してほしいたい…」


成香「な…!な…!え、えーぶ……!!ふ、不浄です不浄!!」

哩「…? そんなにいけんと?」


成香「~~っ…! もうっ、主よ!裁きのほうを!」



まこ「………ダメに決まっとるじゃろがい!」←×のポーズ!


バシャアッ ←水


哩「ひゃっ!?冷たかっ!」


成香「で、では…お帰りはあちらから」


哩「あ~、やっぱ鎖だけにしとけばよかったとね…?」ビショビショ

成香「そういう問題ではありません!」


…………

成香「い、いきなりハードすぎますぅ…一回目ですよ、まだ…もうこわいです…

   ……つ、次の方お入りください」


塞「どうもー」


まこ「……」


塞「えーと、ひざまずいて手を組めばいいんでしょ………こほん


  主よ…私は京太郎君が後ろにいる事を知りながら、

  落とした小銭を拾うフリをして…その…かがむときにお尻を振って……アピールを」


成香「ぴぇっ!?」


塞「…だ、だって急に思いついちゃったんだもん!

  ここで京太郎君の目を引いておけば他の皆よりほんのちょっとはリードできるかなって…

  実際、チラって後ろ見たら彼だってガン見してたもん!

  ねえ、そういうの考えたことないの!?」


成香「そっ、そんな事っ………ないです!ありません!主よ、裁きを!」



まこ「………まあ、気持ちはわかるわ」

塞「えっ!じゃあ!」




まこ「…でも立派な逆セクじゃあっ!」←×のポーズ!


バシャアッ

塞「きゃっ!もうっ…!絶対みんな同じ事やってるのにぃ……」ビショビショ


成香「わ、私は……あれやあれはそういうのにあたりませんよね、きっと…うん、大丈夫なはずです、うん…」


…………

成香「次の方~…」


久「やっほー」


まこ「……」←×のポーズ!


久「ちょっと!早すぎるわよ!まだ何も言ってないじゃない!…ったく、こほん

  えー、主よ…部室で寝ている須賀君の寝顔を撮り続けたビデオを売ってました、お許しくださいっと…」

成香「寝顔……ですか?」

久「そうよ?それだけのビデオ、1時間ずっとそれだけ」

成香「……内容にいかがわしい描写などは?」

久「ないわよ、たまに須賀君が寝言で『もう食べられないよ~』的な事言ってるだけだし健全そのものよ

  いまのところネット販売で50本は売れてるわ」

成香「(寝言かわいい!)そ、そうですか………それなら欲しいかも…(ボソッ)

   ………って、いいいいけません!人の寝込みを撮影するなんて!!不浄です!!」

久「ちっ…本当にカタい人ねぇ~」


成香「主よ、裁きを!」


まこ「………アウトに決まっ…!」←×のポー………


久「ちょっ、ちょっと待った!まこには未編集版を無料で提供するから!」

成香「えぇ~!?」



まこ「たまには許すことも大事じゃけぇの」←○のポーズ


成香「えぇぇ~~~!!?」

久「ヒャッホーイ!ありがとうねまこ!約束は守るからねー!ヒィーサッサッサッサッサァー!」




まこ「やれやれ世の中、罪深い者が多いのう…これからもバンバン裁いていくか!」


成香「もう…嫌ですぅ…」

カンッ