煌「すばらっ!初めまして、私花田煌と申します!諸事情により今日から清澄高校に通う事になりました!どうかよろしくお願いします!」ペコッ

和・優希「花田先輩!?」

京太郎「なんだ?知り合いか?……ああ、どこかで見たと思えば、新道寺女子の先鋒さんじゃないですか?」

煌「すばらっ!ご存知でしたか!大変すばらです!」

京太郎「はい、あの照姉…宮永照さんを相手に一歩も退かずに戦ってましたので、よく印象に残っているんですよね」

和「ところで花田先輩、何故ここに来られたのですか?」

煌「実は親に帰ってこいと言われまして…清澄に来た理由は和や優希達と一緒に戦いたかったからです」

煌「あ、言い忘れてましたが私は元々長野にいて、和と優希は中学の時の後輩なんですよ!」

まこ「そうじゃったんか…それはそれは」

優希「花田先輩とまた一緒になれて嬉しいじぇ!」

煌「私も嬉しいですよ!…ところで、そこのかっこいいお方は?///」

優希「むっ!?私の彼氏の須賀京太郎だじぇ」

和「(ピクッ)優希、嘘は駄目ですよ。こちらは私の彼氏の須賀京太郎君です」

咲「(ヒクッヒクッ)二人とも、冗談はその辺にしとこうか…!こちらは私の幼馴染みにして彼氏の京ちゃ…須賀京太郎といいます!」

(バチバチッ!)

京太郎「おいおい、俺は誰の彼氏にもなった覚えはねぇよ!俺、須賀京太郎っていいます!」

京太郎「麻雀部唯一の男子部員なので、力仕事とかはお任せ下さいね!」

煌「すばらぁっ!私、生まれて初めて貴方のようなすばらな男の子に出会いました!これからよろしくお願いしますね!///」

京太郎「はい!こちらこそよろしくお願いします!」

こうして、咲、和、優希に煌を加えた京太郎争奪戦が幕を開けた

カンッ