ひさしぶりに部活が休みの週末、天気も良かったので一人のんびり散歩をしていたところ。
 出発時の快晴が嘘のような大雨に襲われ、結局バス停で雨宿りをする羽目になった。


「あーもう最悪!! よりにもよって何でこんな家から離れてから降るかな」


 ずぶ濡れになったスカートを絞りながら、少し顔を出して外の様子を伺う。
 空は辺り一面が淀んだ雲で覆われ、この雨は当分止みそうにない。
 それと同時に、道の向こう側からくる一人の傘を差した歩行者に気がついた。


「げっ!?」


 見覚えのある長身に金髪、それなりに整った顔。
 間違いなく私が大嫌いな“あいつ”だ。


「――大星、何やってんだこんなとこで」

「……別に」


 よわっちい癖にやけにテルーに気に入られてる須賀京太郎。
 おまけに私と金髪が被ってる。


「おいおい、お前ずぶ濡れじゃねぇか」

「うっさいな!! 須賀には関係ないでしょ!」

「いやそうは言っても、風邪引いちまうぞ」

「大丈夫だってば……ッくしゅん!」

「ほら言わんこっちゃない」


 季節が夏だが、曇天の下に濡れた服のままでいるのはさすがに寒い。
 身体をさすりながら寒さを紛らわせていると、頭からジャケットを被せられる。


「着てろよ、少しはマシになるだろ」

「い……いらないってば!! ジャケットが濡れちゃうし!」

「そんなの気にすんな……それに……ほら……いろいろ透けてるし……」

「ふぇ?」


 一瞬私の身体に目を落としたかと思えば、須賀は顔を赤くしてそっぽを向いた。
 見てみると、ジャケットの隙間からは濡れた服に透けて下着が……


「あわぁ!?」

「……な?」

「へっ、変態! 覗き魔! 女の敵!」

「俺のせい!? 」


………………
…………
……


 結局、私はジャケット借りて須賀の傘に入れてもらって帰った。
 まさか初めての相合傘の相手が須賀になるとは……


「じゃ、このジャケットは洗って返すから」

「別にいいけど」

「あ、洗わなくていい!? まさかスケベな妄想に利用するつもりじゃ……」

「ないない」


 私が言うと、須賀はこれっぽちも迷うことなく首を振った。
 それはそれで腹立つなぁ……

 そこで私は、ふとある違和感に気付く。
 須賀の左肩の辺りが不自然に濡れている。

 ――まるでそこだけ傘を差してなかったように。


「……」


 ちょっとだけ……ほんのちょっとだけ、不覚にも須賀をカッコいいと思ってしまった。


 《この子が素直になるのは、もう少し先のお話》