私はいつも微妙な位置にいる。

実生活も…阿知賀と練習した時も……

まるで、私の出身県みたいだ…

そんな時に憩さんの紹介で、京太郎君と出会った。

京太郎君も同じような悩みを持っていた。そのため、すぐ意気投合した。

そして…私は恋に落ちた……

だけど、京太郎君から長野に帰る事になった事を知らされた……

離れたくない、大好きなんです!

そんな言葉は、声に出せなかった…

そして、私は誕生日を迎えた。

京太郎君は、私のために帰る日を1日ずらして、デートしてくれた。

今日まで京太郎君には気持ちを伝えられなかった…

今日がラストチャンス……

そう考えた時、自然と、私は声に出していた。

京太郎「…そろそろ帰りますか絃さん」

絃「待って!!」ギュゥゥ

京太郎「…絃さん?」

絃「イヤだよ…」ポロポロ

絃「離れたくない!大好きなんです!京太郎君の事が!!」ポロポロ

京太郎「絃さん……俺もです」ギュッ

絃「………えっ」グスッ

京太郎「俺と結婚前提にお付き合いしてください!」

絃「…はい」ニコッ

京太郎「…夢みたいです、絃さんと恋人なんて」ギュゥゥ

絃「私もです、京太郎君」ギュゥゥ

幸せな私達の姿を、月と九十九里の海だけがそっと見つめてくれていた。

カンッ