優希「う~~・・・暇だじぇ・・・」

咲「皆来ないねー・・・」ペラ

優希「咲ちゃーん、京太郎はー?」

咲「お家の手伝いで今日は部活出ないみたい」

優希「そっかー・・・」


優希「そういえば咲ちゃん、今日も学食行ってたな。お金大丈夫?」

咲「うん、平気だよ。学食行ってお弁当食べてるから」

優希「んむ?意味ないじょそれ」

咲「また京ちゃんに付き合わされまして・・・」

優希「あー、例のレディースランチか。たまには断ればいいんだじぇ」

咲「うーん、でもね・・・

『悪い、咲!今日も頼む!一緒に学食行こうぜ☆』キラッ

  ・・・なんてあんなさわやかな顔で言われたら断れなくて。えへへ」

優希(・・・何今のイメージ図。なぜにキメ顔でその台詞・・・)

優希「な、なるほどー。私はいつも頼む側だからわからんじぇ」

咲「ふふ、いつもタコス作ってもらってるもんね」

優希「うむ。我ながら無茶な注文をすることもあるが、そんなとき・・・

『ふぅ、しょうがねえなぁ。すぐ作るから、待ってろよ、こ・ね・こちゃん。』ツンッ

   ・・・なんて気だるそうに言われたら、もう、もうたまらんじぇ~~!きゃー!」

咲(・・・子猫ちゃんなんて言ってたっけ)

咲「そ、そうなんだぁ。京ちゃんも結構キザだなぁ…」

優希「まあ、キザも悪いとは言わんけど…」

「・・・」

咲「『お前のこと、放っとけなくてさ。一緒にいていいか・・・?』」

優希「ぐはっ!い、言われてみたいぃ!・・・『わかるって。いつも見てるんだから、当たり前だろ?』」

咲「はうぅ!私も見返しちゃう!・・・『はは、エスコートはお任せを。お姫様』」

優希「きゃー!式場までエスコートして!・・・『お前のこと、もう放したくない・・・』」

咲「キャー!むしろ私が放さないよぉ!」



咲「・・・何やってたんだろうね、私達」

優希「・・・最後の方なんか京太郎、天使の羽バッサバサだったじぇ」

咲「キラキラというか、ギラギラだったね・・・」

優希「妄想も適度が一番だじぇ」

咲「皆が来るまで、待ってようか・・・」


――部室の外

和(咲さんも優希もすごいです・・・色々台詞を思いついて)

(・・・あんなこと須賀君に言われたら私・・・想像するだけで顔が熱く・・・///)

(例えば私なら、どんな言葉が・・・)

まこ「お、和。部室入らんの?」

和「『お前が欲しい・・・』」

まこ「」

和「み、たい、な・・・・・・・・・」

まこ「すすす、す、すまんのぉおお。わわ、わし、そっちの気はないんじゃああ!!」ダダッ

和「あぁん、染谷先輩!違うんです!誤解ですから、逃げないで――!」



カン。