エイスリン「キョータロー!」

京太郎「はいはい、なんですか?エイスリンさん」

エイスリン「ジュウデン!」バッ!←胡桃の絵

京太郎「あーはい、わかりました。ほら、どうぞ?」ポンポン

エイスリン「フン♪フン♪フン~♪」カキカキ

京太郎「……それにしてもエイスリンさんの金髪って綺麗ですよね…………俺の髪とは大違いだ」サワッ

エイスリン「!?」ビクン!

京太郎「あ、ご、ごめんなさい!いきなり女性の髪を触るのは失礼でした……」

エイスリン「キョータロー二サワラレルノ、イヤジャナイ」

京太郎「そ、そうですか?」

エイスリン「ウン!ダカラモットサワッテイイヨ?」

京太郎「…………じゃあお言葉に甘えて」

エイスリン「♪」カキカキ←超上機嫌

京太郎「本当に綺麗だなぁ……」サワサワナデナデ

塞「……なにあれ」

胡桃「………………バカップル?」

豊音「ちょー仲良しだよー」

白望「…………それ以前にあの二人、みんなここにいること気づいてないんじゃない?」


京エイ←イチャイチャ

エイスリン「デキタ!」

京太郎「なんの絵を描いたんですか?」ナデナデ

エイスリン「コレ!」バッ!←京太郎とエイスリンが結婚している絵

京太郎「可愛らしい絵ですね、これは……俺ですか?」

エイスリン「キョータロートイッショ!」

京太郎「あはは、そうなれば嬉しいですねー」

胡桃「あああああああ!もおおおおお!さっさと付き合っちゃいなよ!なんか見てたらムズムズする!!」

塞「胡桃……少し落ち着いて?」ガンガンガンガン!!!

白望「…………塞も壁殴るのやめたら?」

豊音「二人ともちょー仲良しで私もちょー嬉しいよー!」

トシ「本当にあの二人はお似合いだねぇ……」

カンッ!