恒子「アラサーだよ!何言わせるの!」

京太郎「おー似てますねー」

恒子「でしょ?じゃあ次みさきさん!野依プロのモノマネ!」

みさき「………………」

京太郎「……うん?」

みさき「緊張で喋られない野依プロのマネ」

京太郎「ズルい!」

みさき「……次は佐藤裕子アナ」

裕子「う、モノマネなんてしたことないですけど……」

京太郎「裕子さんは、やっぱり戒能プロでしょうね」

裕子「ご、ゴホン!…………の、ノーウェイノーウェイ……///」カァァ

京太郎「一番似てる!」

裕子「は、恥ずかしいです……///」

恒子「うまいですねーモノマネ!」

えり「………………」

みさき「最後はじゃあ……」

えり「………………」ダラダラ

京太郎「汗ヤベェ!?」

えり「そ、それでは、緊張した野依プロを……」

みさき「それは卑怯です」キリッ

えり「あなたに言われたくない……!」

裕子「相方といえば三尋木プロ、ですよね」

えり「……だ、ダメですやりません出来ません」

恒子「だめでぇーす!認めませーん!」

えり「こ、後輩のくせに……!」ワナワナ

京太郎「俺も、えりさんのモノマネ見たいです」

えり「ぅ……きょ、京太郎くんが言うなら……」

京太郎「じゃあ俺が話を振りましょう。えー、本日の見所は?三尋木プロ?」

えり「………………ワッカンネー」(裏声)

京太郎「……」

裕子「……」

みさき「……」

恒子「ぷっ、くくっ!ぜ、全然似てない……!」

えり「……ッ、帰る!!///」ガタッ

京太郎「あっ!ま、待って!似てました!似てましたよー!」

カンッ!