京太郎「…………誰も来ないな……」

スタスタ

絹恵「あれ?京太郎くん、なんでそんなとこおるん?」

京太郎「!、ふふ、階段の下で座るのが僕の趣味でありまして……」ニヤリ

絹恵「おもろい趣味やなー」

京太郎「気にしないでください、気にしないで、階段を上ってください」

絹恵「変な京太郎くんやなぁ、部室で待ってるで~」スタスタ

京太郎「は~い!……」<●><●>カッ

絹恵「~♪」スタスタ

京太郎(よ、よしっ……み、見えっ……!!)

恭子「なにしてんねん」ボカッ

京太郎「痛ぁ!な、なにをするんですかいい所だったのに!!」グワッ

恭子「よっしゃ通報するわ」ピッピッ

京太郎「すいませんでした末原先輩!」ドゲザァ

恭子「……他のSSの京太郎みたいにクールに出来んのか……?」

京太郎「あーパンツ見たいパンツ見たい」ブツブツ

恭子「……なんでそんなに見たいんや」

京太郎「パンツに魅せられたんですよ……」フフ

恭子「うまくないで」

京太郎「クソォッ!ああぁぁおぱんつ……」グスン

恭子「……!…………そんなに見たいん?」ニヤリ

京太郎「はい」キリッ

恭子「うちのやったら……ええけど」

京太郎「……え?…………うぇえぇっ!?まままマジっすsっkか!!?」

恭子「動揺しすぎや!パンツ位やったら、別にええよ」

京太郎「……よろしくお願いします」

恭子(ふふっ真剣やなぁ、騙されてるとも知らんと……♪)ニヤニヤ

京太郎「ッ……」ゴクリ

恭子「じゃ、いくでー」

バッ!

京太郎「ぬおっ……!!」

恭子「ぷっ、あははっ!スパッツでしたーっ♪」

京太郎「……えっ」

恭子「残念やったなぁ京太郎くんっ」フリフリ

京太郎(……なんだこの人、俺を試しているのか)ジーッ

恭子「ま、これに懲りたら、もう奇行に走ったらあかんで?」

京太郎(それとも、天然でやっているのか?)ジーーッ

恭子「……見すぎちゃうか自分、ま、まさかスパッツフェチか……?///」カァッ

京太郎(気付いていないみたいだな……それなら存分に堪能させてもらおう!)ジーーーッ

洋榎「うおっ!恭子が京太郎相手に奇行に走ってる!?」

恭子「わわっ、主将」バッ

京太郎(あぁくそっ、終わってしまった!)

恭子「こ、これは、かくかくしかじかという理由で……!」

洋榎「なるほどなーってそれでパンツ見せてたんか!?尻軽か!」

恭子「京太郎くんをからかってたんですよ、うちスパッツ履いてるから」ピラッ

京太郎「ふぉ……!」

洋榎「は?」

恭子「?」

洋榎「……スパッツ、履いてないやん」

恭子「……えっ」

恭子「え、えっ?」チラッ

洋榎「……」

京太郎「……」ジーッ

恭子「ちょっ、ちょおおおっ!?う、うそっ、なななっなんでえっ!?///」カァッ

洋榎「とりあえず手ぇ離したら?京太郎ガン見してるし」

恭子「ッ!!///」バッ

京太郎「あぁ……」

恭子「き、きょ、京太郎くん!!///」グワッ

京太郎「あ、怒ってます?俺のせい?」

恭子「当たり前やろこのドスケベ!///」バキィッ

京太郎「痛ぁい!でも白色で似合ってましたよ末原先輩!」

洋榎「白……」

恭子「似合っ!?わっ、忘れろぉ!///」ドカッバキッ

洋榎(………………収集つかんなぁ、どないしよう……)

恭子「はぁっ……はぁっ……///」ゼーゼー

京太郎「」チーン

洋榎「えーっと………………カンッ!」