とある日の朝

チュンチュン チュンチュン

淡母「淡~、朝よ、起きなさ~い!」

淡「んん……ふぁ~…んぅ、朝かぁ…」

淡「くふふ…今日も京太郎をからかってやるぞ~」

淡「え~っと、まずは昨日買ったスパッツ穿いて……で、スカート穿いて、と。よし!準備完了!!」

淡「お母さ~ん!朝ごはん出来てる~?」トントントン

~~~~~
放課後

京太郎「お疲れ様で~っす。って、まだ誰もいないのか」ガララッ

淡「何を言うか!目の前に淡ちゃんがいるじゃあないか!!」

京太郎「ん~、何かどっかから声が聞こえるぞ~?妖精か?」水平キョロキョロ

淡「下見ろ、キョータロー!妖精は妖精でも妖精のように可愛い淡ちゃんだ!」

京太郎「何もいないな~、幻聴だな~」棒読み

淡「む~!」プクーッ

京太郎「はっは、まあ、そうむくれんなよ、淡。いつもの挨拶じゃんか」

淡「へ~、ふ~ん。そ~んなこと言っちゃうんだ~?いつまでその余裕が続くのか、見物だね~?」

京太郎「あん?何言ってんだ、淡?」

淡「ほれほれ。どう、この中、見たいんじゃない?ほ~れほ~れ」スカートピラピラ

京太郎「(あ~、また何かしょうもない悪戯でも仕込んでんのかな…)へーへー、見たい見たい、って言ったら見せてくれんのか?」

淡「そっか~、そんなに見たいのか~。だったら……えいっ☆彡」バッ

京太郎「ぶふっ!!」

淡「や~い!焦ってやんの~!キョータローも初心だね~?でも、残念ながらスパッツだよ~」ミセツヅケ

京太郎「あ、淡。俺達のクラスの4限の授業、何だった?」目をそらしたまま

淡「ふぇ?体育でしょ?それがどうかしたの?」

京太郎「お前、体育が終わった後、どうやって着替えた?」

淡「そんなのいつも通り…に…」

淡「……!!ま、まさか…」ソ~ッ

淡「!!!!!」

淡「きょ」

京太郎「きょ?」

淡「キョータローのエッチ!スケベ!変態!!」

京太郎「おおい!?それ全部ほとんど同じ意味、ってそうじゃねぇ!濡れ衣だ!大体、お前の自爆じゃねぇか!」

淡「うううぅぅぅぅ……パンツ見られた…もうお嫁に行けない…」

京太郎「あ~…何だ、その…そ、そんな落ち込むなって」

淡「無理!もうやだ!飛び降りてやる~!!」ダッ!

京太郎「ちょ!?ま、待て!淡!!」ガシッ

淡「やだ~!離して~!!私はもう死ぬの~!!」

京太郎「淡!冗談でもそんなこと言うな!それに幸か不幸か部室には俺だけだったんだ」

京太郎「淡が忘れろって言うならいくらでも忘れてやる!それでも足りないなら何でも言うこと聞いてやる!だから落ち着け!」

淡「……ほんと?」

京太郎「ああ、本当だ!」

淡「だ、だったら…せ、せ、せ」

京太郎「せ?何だ、何でも言ってみろ」

淡「責任!……取って、よね?」

京太郎「……あぁ、分かった」

淡「ほ、本当に意味分かってる?わ、私と、彼氏彼女の仲になって、って意味だよ?」

京太郎「ああ、むしろ願ったり叶ったりだ!」

淡「え、エヘヘ…ありがと、キョータロー。あの、これから、よろしくね?」

京太郎「ああ、こちらこそ、だよ。淡」


カン!


菫「……おい、照。どこ行くんだ?」

照「ちょっと購買に」

菫「……スパッツは置いてないぞ?」

照「……誠子のところに」

菫「サイズが合わんだろう…」

照「ふ、服屋さんに…」

菫「照、もう諦めろ」

照「うぅ、京ちゃん…」


モウイッコカン!