照(今日の試合は京ちゃんの居る阿知賀高校との試合…)

照(もしかしたら、京ちゃんとも会えるかもしれない…)ワクワク

照(髪型とか大丈夫かな?寝癖とか着いてない?服装におかしな所は――)

京太郎「あれ、もしかして照さん?」

照「ふえ!?き、京ちゃん!?」

京太郎「やっぱり照さんでしたか。お久しぶりです」

照「うん、久しぶり。大きくなったね、昔は私も方が大きかったのに…」

京太郎「成長期ですからね。しっかし、驚きましたよ照さん。まさか幼馴染の姉さんが転校先の学校の部活の対戦相手になるなんて」

照「うん、私も驚いた。まるで運命のよう――」

玄「おーい京太郎くーん!」

京太郎「あ、玄さん」

照「ん?」

玄「もー何処行ってたの京太郎君捜したよ…って宮永さん!?」

照「…だれ京ちゃん?」

京太郎「ああ、紹介するよ。この人は松実玄さん。俺のいっこ上の先輩で学校でもよくお世話になってる人なんだ」

照「へぇ……始めまして。其方もうご存知かと思いますが、私宮永照と申します。宜しくね」ニッコリ

玄「あ、えっと、ご紹介に預かりました、松実玄と申します。京太郎君とは学校でも仲良くさせて貰ってます!」

玄「えっと、失礼ですが京太郎君とは一体どういった関係で…?」

照「京ちゃんとは小学校からの付き合いの幼馴染なんですよ」ニッコリ

玄「ほえ~って京ちゃん?」

京太郎「ああ、それ俺のあだ名ですよ。と言ってもそのあだ名で俺を呼ぶのは照さんとその妹ぐらいですけどね」

照「私には妹なんて居ない…」

京太郎「まだ喧嘩してたんですか…駄目ですよ、姉妹仲良くしなきゃ」

照「うっ…善処する…」

京太郎「其処ははっきりと肯定して下さいよ…」

玄「…あ、あの、京太郎君!」

京太郎「へ、如何しましたか玄さん?」

玄「え、えっとその、わ、私も京太郎君の事…その、京ちゃんって呼んで良いかなって…」

照「!?」

京太郎「ああ、そんな事ですか。良いですよ別に」

玄「そっか…えへへ~きょ~ちゃん!」ダキ

京太郎「うわ!!く、玄さん急に抱きつかないで下さいよ!」
(み、右腕に滅茶苦茶柔らかい塊がガガガガガ!?!?!?!)

京太郎「そ、そうだ玄さん。何か俺に用が有ったんじゃないんですか!?」

玄「あ、そうだった。もう直ぐミーティングを始めるから控え室に集合しろって赤土さんが」

京太郎「そうでしたか。でも、玄さんが来てからもう20分位経っちゃってますけど…」

玄「へ?あ、いっけない!直ぐに行かないと送れちゃう!」パタパタパタ

京太郎「え、ちょっと待ってくださいよ!照さんすいません。また今度ゆっくり話しましょう」

照「へ?ああ。うん、またね」フリフリ

玄「京ちゃん早くー!」

京太郎「待ってくださいってば、玄さん!」ダダダダ



照「…」

菫「お、珍しいじゃないか。お前が他校の選手のデータを見てるなんて」

照「ちょっとね」

淡「さっすがテルー。三連覇に向けて他校の生徒を徹底的に研究してるんだね!」

菫「いや、こいつに限ってそんな事しないだろ…」

照「…居た。この人だ……」

照(松実玄……私の倒すべき相手だ――!!)ゴッ!!

カン

なお、その後原作よりもちょっとだけ失点が増えて涙目になっているクロチャーが居ますが無害です。
その後姉ちゃんに原作以上に毟り取られて涙目になっている菫先輩が居ますが此方も無害です。