和『須賀君…ずっと私の胸を見ていたでしょう?今日はいっぱい触っていいですからね…』

京太郎『のっ…和っ…!?』

和『さあ…どうぞ、召し上がれ……』

京太郎『!!……和ぁっ!!』

和『あっ、須賀君っ…乱暴ですよぅ……んっ、はぁっ…』

京太郎『はぁっ、はぁっ、はぁっ…!!』



京太郎「ん~むにゃむにゃ…柔らかい……手に吸い付くように……むにゃ」

咲「きゃんっ!もうっ、京ちゃんっ!お尻っ…さわりすぎぃっ」

京太郎「ぬふふぅ…ずっとこうして揉みたかったんだぁ…」

咲「京ちゃぁん…それならそうってっ、早く言って欲しかったなぁ…んっ」

京太郎「ああ、最高だよ…最高……むにゃむにゃ」

咲「うぅぅ…京ちゃぁんっ!」ガバッ



和『はぁ、はぁぁ…須賀君上手です…気持ちいい…』

京太郎『和っ、和っ、和ぁっ!はぁっ、はぁっ……ん?』

壁『(ズゴゴゴゴゴゴ…)』

京太郎『な、なんだ?突然和が巨大な壁に…っうわぁぁ!!』


ガンッ


京太郎「いって…ん?なんだ…夢……じゃない!まだ壁があるっ!」

咲「京ちゃん京ちゃん京ちゃ~ん♪」スリスリスリスリ

京太郎「な、なんで壁から咲の声がするんだ!こ、これは一体!」

咲「ん?壁って…?あ、京ちゃん起きたんだ~えへへ~♪」

京太郎「ゲェーッ!咲!?」


さすがに夢の内容は話せなかったので「キングスライムを触りまくる夢を見た」と京ちゃんは大嘘をつき、
咲さんはがっかりしたようです

今回の教訓「人を傷つけない嘘も人生には必要」

カンッ